佐賀の池田歯科医院ロゴマーク

マタニティ歯科外来 | 佐賀市の痛くない歯医者さん「池田歯科医院」

マタニティ歯科外来

マタニティ歯科外来

マタニティ歯科外来

妊娠中は、虫歯、歯周病、親知らずの痛み、口内炎など様々な口腔内疾患のリスクが高まり、早く治療をする事も大切ですが、通常より安全かつ適切な歯科治療を行うため産婦人科の主治医と連携し、妊娠中の身体的、精神的状態の状態を的確に判断し把握したうえで歯科治療行う事が重要であると考えています。

歯科医師として「母子の健康と安全を最優先する」という大原則を遵守していますのでご安心下さい。
また、妊婦の歯科治療は母親自身の歯科疾患予防だけでなく元気な赤ちゃんの出産にもつながります。それは低体重・早産の予防、虫歯菌の母子伝播予防などメリットがたくさんです。

妊娠時期における歯科治療時のポイント

妊娠中の歯科治療の基本は決して無理をしないことです。
当院でも休憩やうがいを小まめに行ってもらい状況を的確に判断しています。
使用薬剤やX線診査についてもできるだけ用いない、また必要最低限で安全性が高く、なるだけ少量で効率良く用いるよう心がけております。

妊娠初期(4ヶ月頃まで)

約75%の妊婦につわりが生じるといわれ吐き気によって、お口の清掃状態が悪化し虫歯、歯周病菌が繁殖しやすい環境リスクが高まります。さらに、すっぱい酸性食品の多用や嘔吐により歯の酸蝕症といって、酸により歯が溶けてしまい冷たいもので過敏にしみたり、虫歯のような症状が出る事もあります。

つわり時の歯磨きの工夫のポイント

  • 顔を下に向けて磨く
  • 奥から前にかき出すように磨く
  • つわりが軽く、体調が良い時に磨く。特に寝る前が効果的
  • ながら磨きのすすめ(テレビ、雑誌、お風呂中などリラックスできる状態で)

嘔吐直後の歯磨きについて

嘔吐直後はうがいを十分にして胃液の残留を洗い流しておく。
嘔吐直後の歯磨きは胃酸で歯がダメージを受けており、歯が歯ブラシで削れやすい状態になっており酸蝕症になりやすい危険があり、30分は歯磨きを控えるのがポイント。
刺激の強い歯磨き粉を使わない

妊娠中期(5-7ヶ月)

つわりも落ち着いてきて安定期と呼ばれます。歯科治療を行ううえで最適な時期でこの時期に集中して治療する事が望ましいです。
産科医と連携し相談したうえで、抜歯することも可能です。

妊娠後期(8-10ヶ月)

歯科治療のチェアーであおむけになり治療を受ける事が苦痛となりやすい時期ですので座った姿勢で治療を短時間で行うなど配慮しております。
さらに、出産のため治療が中断する場合、適切な応急処置を行い出産後に、再受診できるよう治療計画を行いますのでご安心下さい。

マタニティ歯科外来

歯周病菌は女性ホルモン、エストロゲンが栄養源

生理中や妊娠期や出産後は通常よりも『女性ホルモン』が多量に分泌されています。
実は歯周病菌は女性ホルモンを栄養源として増殖し活性化します。
それにより、歯周病が進行しやすかったり、歯肉が腫れやすい、歯肉から出血しやすいなどの症状が起こりやすくなります。
女性のお口の中はデリケートです。
思春期、妊娠期、更年期などライフステージに合わせて歯周病を予防することが大切です。

歯周病菌は女性ホルモンが栄養源

妊娠期は歯周病菌が増殖しやすい。
低体重児出産・早産の危険率が上がることも。

妊娠期は歯肉が出血しやすくなります。
歯周病菌の一種プレボテラインテルメディア菌は女性ホルモンであるエストロゲンを栄養素として増殖し、この菌が出す毒素が、早産や低体重児出産などに影響すると言われています。

妊娠中は歯周病の細菌が増加しやすい

歯周病は女性ホルモンが密接に関わっています。

更年期や閉経後は女性ホルモンの分泌が低下します。
実は女性ホルモンである卵胞ホルモンは肌のコラーゲンを保っていたり、骨密度の低下を防いでくれたり良い作用をしてくれます。
つまり、更年期や閉経後は歯を支える歯槽骨の骨密度が低下し、骨がスカスカになり歯周病が進行しやすくなります。
歯槽骨が溶け歯がグラグラ揺れてきたら、『固いものを噛むと痛い』という状態になり、食事を楽しむことが出来なくなるので予防が大切です。

女性ホルモンが深く関わっています

最後に、母親は家族の健康を守る中心であるとも考えられ、妊娠中のお口の健康状態、衛生状態を気を付ける意識を高めておくと、生まれてくる子供や家族のお口の健康を育むことにつながります。
これから育児で多忙を極める日々が続き大変だと思いますが、できるかぎり健康のお手伝いをさせていただきます。

マタニティ歯科外来についての記事

佐賀の池田歯科医院のドクターズブログ

現在、このカテゴリーの記事はありません。

ブログ一覧
ページトップへ