佐賀の池田歯科医院ロゴマーク

金属アレルギー専門外来 | 佐賀市歯科|痛くない歯医者さんの池田歯科医院

金属アレルギー専門外来

多くの方が不安で悩んでいる「金属アレルギー」とは

多くの方が不安で悩んでいる
「金属アレルギー」とは

アクセサリーや日常に使っている金属をつけていて、かゆくなった経験ありませんか?
冬場は気にならなかったのに、汗をかく夏になったらなんだかかゆくなってきた、なんてことないですか?
だったらそれは、金属アレルギーかもしれません。
アクセサリーなどにかぶれても付け続けていたり、軽く考えて気にとめない人がほとんどですが、放っておくとアレルギーが深刻化し、生活に支障をきたすようになることもあります。
また、食べ物に含まれる金属成分や、虫歯治療の金属なども、全身のあちこちで金属アレルギーを起こし、皮膚のトラブルを招くことがあります。
ある患者様は、ピアスにかぶれても付け続けていたら、アレルギーが深刻化して、服のボタンや化粧品にまでかぶれるようになり、生活にも支障が出ている方もいます。

金属アレルギーの説明

通常、人間の皮膚は金属に触れてもアレルギー反応を起こしません。
ところが、汗や唾液(だえき)などで金属が溶けてできた“金属イオン”が体に入り、皮膚のたんぱく質と結合すると、それを体が“異物”とみなし、拒絶反応を起こしてしまい、発症します。
汗をかきやすい夏は肌の表面で金属がイオン化しやすく、金属アレルギーを発症する人が多いです。
アクセサリーをつける機会の多い女性の方が発症率は高いです。
一番多いのは、ピアスの穴を開けたときに発症する人。歯の治療で今まで使っていなかった金属が口の中に入ったことをきっかけに発症する人も多い」です。

金属アレルギーの症状には、臨床上、2つのタイプがあります。

1. 接蝕皮膚炎

直接、接してアレルギーを発症します

2. 全身性接蝕皮膚炎

直接、接してアレルギーを発症します

口腔内
  • 口腔扁平苔癬
  • 歯肉炎
  • 口内炎
  • 舌炎
  • 口唇炎
  • インプラント周囲炎
  • 口角炎
  • 舌痛症
  • 口腔粘膜痛
  • 義歯性口内炎
  • 異味症
  • 口腔乾燥症
  • 地図状舌
  • 薬疹
  • ガルバニー疼痛(異種金属による)
口腔外
  • アレルギー性接触皮膚炎
  • 扁平苔癬
  • 全身の湿疹(貨幣状湿疹・アトピー性皮膚炎)
  • 異汗性湿疹(掌蹠膿疱症・口囲皮膚炎・口唇炎)
どんな金属がアレルギーをおこしやすいのか

どんな金属がアレルギーをおこしやすいのか

アレルギーをおこす主な金属には、アルミニウム、コバルト、スズ、鉄、白金(プラチナ)、パラジウム、マンガン、インジウム、イリジウム、銀、カリウム、クロム、ニッケル、亜鉛、金、銅、水銀、チタンがあります。
例えば、アマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)は金属アレルギーを引き起こしやすく、金合金であっても、アレルギーを起こす可能性があります。

重度の歯周病や口内炎などでお口の中の炎症状態が慢性的に続いているような環境などでは金属がイオン化しやすいという報告もあり、金属アレルギーが疑われる場合は、まず、ご自分のお口の中に金属が入っているかを確認し、その金属の種類を調べてもらう事が大切です。

口の中の金属とアレルギーの関係

現時点で懸念されていることは、口の中の金属によって免疫力が低下し、老化や発ガンが促進されてしまうのではないかということです。
しかしながら現実問題として、歯科用合金を全く使用しない歯科治療は困難ですから、パッチテストなどを行い、ご自分の身体に合わせた素材の選択が必要になります。

歯科で使用される金属アレルゲン

金属名 歯科治療用途
水銀 (Hg)毒性が強く中毒を起こす アマルガム(小さい虫歯、穿孔部、根尖部)
ニッケル (Ni)硫化Ni、酸化Niの形で発がん性があり、北欧では0.9%以上の使用禁止 差し歯の金属フレーム(陶材焼付用合金(メタルボンド))
金属床義歯
義歯の針金(コバルトクロム合金の中)
チタン床義歯(チタンニッケル合金)
溶接金属(チタンのロウ材)
矯正用針金、ブラケット
コバルト (Co) 金属床義歯(コバルトクロム合金・ニッケルクロム合金
クロム (Cr) 6価クロムは毒性あり
すず (Sn) 陶材焼付用合金(メタルボンド)
金銀パラジウム合金
パラジウム (Pd) 保険金属大部分(金銀パラジウム合金)
自費金属(金合金)
白金 (Pt) 自費金属(白金加金)
金 (Au) 金銀パラジウム合金
金合金
白金加金 (金属のかぶせもの、つめもの、土台、義歯の金属部)
イリジウム (Ir)
インジウム (In)
銀合金
金銀パラジウム合金
金合金
白金加金
陶材焼付金属
銅 (Cu) ほとんどの歯科用金属
亜鉛 (Zn) ほとんどの歯科用金属
歯科用セメント(リン酸亜鉛セメント、カルボキシレートセメント、亜鉛華ユージノールセメント)
根管充填剤
歯周包帯
カドミウム (Cd) 銀合金
金ロウ(土台、溶接用金属)
モリブデン (Mo) コバルトクロム合金
ニッケルクロム合金(義歯金属部)
  • 歯科で使用される金属アレルゲン1
  • 歯科で使用される金属アレルゲン2
  • 歯科で使用される金属アレルゲン3
  • 歯科で使用される金属アレルゲン4
  • 歯科で使用される金属アレルゲン5
  • 歯科で使用される金属アレルゲン6

金属アレルギーの症状・疾患

口内の金属は除去し、非金属素材で再治療を

症状が激しいときは、アレルギーを抑える内服薬や軟膏(なんこう)などが処方されることもあります。
ですが、やはり治療の中心は原因金属の除去。
「口腔内の状態にもよるが、歯の治療に使われている金属の除去はすべて行った方が治療の効果がわかりやすい」。

歯科治療で使う金属はすべてアレルゲンとなる可能性があるため、原因金属を取り除いた後は、非金属素材に取り替えるのがベストです。
「今、アレルギー症状が出ていない金属でも、唾液などの作用で金属がだんだん溶け出すことによって、将来的に症状が出ることも多い。あらたに治療を受けるときの素材は非金属にすると安全」です。

金属アレルギーの予防はなかなか難しいが、歯の治療に金属素材を使わない、アクセサリーは、アレルギーが出にくい金属を選ぶ、などを心がけたいですね。

こんなサインがあれば金属アレルギーかも

  • ピアスの穴周辺が炎症を起こしている
  • アクセサリーが当たる所がかゆい
  • 皮革製品が当たる所が赤くなる
  • アイメイクをした後などに肌の状態が悪化
  • 衣類の金属ボタンが当たる部分がかゆい
  • よく毛が抜ける
  • 金やプラチナ入りの化粧品を使っている
  • 最近、歯科で詰め物をしてから体調が悪い
  • 口内炎がなかなか治らない
  • 手のひらや足の裏に水ぶくれができている

かぶれてしまったら?

金属アレルギーを起こしてしまった場合には、まずはその金属の使用を中止すること。
ただし、革なめしの過程で使用される6価クロムによる皮膚炎などは、見た目には金属が含まれていないため、すぐには金属アレルギーだと気がつかないこともあります。金属でなくても、接触している部分が皮膚炎を起こしたときには、すぐに使用をやめて皮膚科を受診して下さい。
皮膚科では、副腎皮質ホルモン外用剤を処方されることが多く、薬を塗れば1~2週間で症状は治まります。
しかし、一度金属アレルギーになるとほぼ一生治りません。、
その後はずっと金属と接触するのを避けるか、使用条件を再考しましょう。
実際に、自分が金属アレルギーだと気がつくのは、アクセサリーを使用していて、症状が出始めてからのことが多いです。
しかし、金属と接触している部分がかぶれたり、かゆみがあるなどの症状が出たら、
初期段階でお口の金属を除去すれば、ひどくなることを避けられます。

口の中の金属の危険性

最近、食の安全が問題になっております。食品や飲料水など、農薬や放射能、重金属汚染の話題には敏感の方が多いようです。

しかし、どんなに有機野菜や安全なミネラル飲料を摂取しても、口の中に金属があれば、身体に悪い影響を及ぼす可能性があります。
何故なら、口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになるからです。
その結果、皮膚炎や肌のシミ・しわなどを生じるようになります。
また、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。
口の中の金属による金属アレルギーの危険性はピアスやネックレスによる感作によっても発症しやすくなりますが、発症しない場合でも長い期間にわたる金属の体内蓄積によって身体的リスクが増大します。

当院の金属アレルギー治療

皮膚科のDrとの連携とアレルギーテストを行います。

皮膚科のDrとの連携とアレルギーテストを行います。

過去にむし歯を治療した経験がある人の口の中には、たいてい「アマルガム」か「金銀パラジウム合金」という金属が入っています。
アマルガムの正式名称は「歯科用水銀アマルガム」です。歯科治療用の水銀は、有機化すると、メチル化水銀などに変質し、水俣病などの原因となった有害な水銀となります。
金銀パラジウム合金とは(ほとんどの方の銀歯) 金12% パラジウム20% 銀50% 銅16% その他2%(亜鉛 インジウ、イリジウム等)を含んでいます。パラジウムは、金の耐摩耗性、銀の耐蝕性、耐硫化性という欠点を補うために使用されていますが、リンパ球幼若化テストという金属アレルギー検査では,約半数の人に陽性反応が出ます。
この金銀パラジウム合金は、残念ながらむし歯治療をしたことのあるほとんどの人に使われています。当クリニックでは 皮膚科のDrとの連携治療をお勧めしております。

原因除去療法について

原因除去療法について

金属を口腔内より除去し,一定期間の経過観察を行いながら治癒傾向を見る治療方法です。
東京医科歯科大学歯学部附属病院歯科アレルギー外来を訪れた患者様のデータによれば、原因除去療法が終了して2月経っても50%以上はあまり良くなりません。
しかし、2年くらい経つと改善傾向が約60%と増えてきていることが分かります。

あなたの口の中は大丈夫ですか?

あなたの口の中は大丈夫ですか?

虫歯の治療に金属が非常に多く、歯科用金属によると思われるアレルギー症状(粘膜疾患。皮膚疾患など)を訴える患者様が増加しています。
口の中の金属は、唾液と反応して溶け出し、腐食し続けます。
金属が腐食したところから金属アレルギーになるリスクが高まります。
又、歯肉の黒い着色を起こしたり、脳、肝臓、腎臓などの臓器に蓄積し、臓器機能障害を引き起こします。
体内に蓄積された重金属により発生する活性酸素は悪性腫瘍、ガンの原因にもなります。そして老化をスピードアップし、免疫力低下を招いています。
【アレルギーをおこしやすい歯科金属】ニッケル ・パラジウム ・コバルト ・水銀

メタルフリーのご提案

メタルフリーのご提案

患者様の6番目の歯には昔治療した『アマルガム』という 水銀が入っている金属でした。
体に及ぼす影響を考え外すことを提案しました。当院では詰め物セラミックに変える治療が3回で終了する治療を導入し、腐食し続ける金属をセラミックに変える事をお勧めします。

当院では、セラミック治療は治療の一つの選択肢として確立されており日常的にセラミック治療を行っています。

  • 患者様に無理に自由診療を勧めず患者様の意志を尊重し納得されてからセラミック治療を心がけている事
  • 顎の動きの分析~解析・入念な準備・専用器具の準備
  • 様々な状況に臨機応変に対応出来る術者のテクニック
  • 高倍率の歯科用拡大鏡の使用による高精度の治療
  • 結果を急がない事

を実践している為、多くの患者様にセラミック治療を選択して頂き、年々施述件数も増えています。

歯を理想的に治す際の有効な治療の選択肢の一つとして、ご検討して頂きたいと思います。

患者様から頂いた声と実例

メタルフリーのご提案

お悩み

多くの銀歯によるアレルギーの心配

治療内容

銀歯をセラミックに変えました。銀歯に含まれる金属成分により金属アレルギーを引き起こす可能性があるとも言われています。口の中で溶け出す金属は体全体に影響を及ぼします。

患者様の声

銀歯をセラミックに変えました。銀歯に含まれる金属成分により金属アレルギーを引き起こす可能性があるとも言われています。口の中で溶け出す金属は体全体に影響を及ぼします。

メタルフリーのご提案

お悩み

前歯の保険の金属の被せものを取り除き見た目との両立

治療内容

矯正治療は希望されなかったため、前歯4本を金属を使用しないオールセラミックにて治療し歯並びを改善しました

患者様の声

金属アレルギーも治り審美的に改善し、満足しました。

メタルフリーのご提案

お悩み

右上の銀歯に段差があり、舌触りが悪い。

治療内容

歯周病になりやや歯茎が下がった状態により舌触りが悪くなったと考えられます。又銀歯の被せ物の中には金属の土台が入っており、歯の根に負担がかかるため歯オールセラミック治療を行い天然歯に近い状態を再現しました。

患者様の声

金属アレルギーも治り審美的に改善し、満足しました。

当院の金属アレルギー治療

当院の金属アレルギー治療

必要に応じて皮膚科、内科、アレルギー科と連携しながら治療をおこなっています。
また、単なる歯科金属の交換だけでなく、各種検査(パッチテスト、溶出傾向検査、金属成分分析検査)、金属との接触回避や金属を含む食事の制限に関するご説明もおこなっています。当クリニックでは金属アレルギーの治療を本格的におこなっているだけでなく、レジンアレルギー、掌蹠膿疱症、扁平苔癬の治療、SAPHO症もおこなっています。

検査費(自由診療)9,500円

なお、初診の際はお口の中の検査費用(初診料・レントゲンその他 2,000~3,000円)が別途かかります。

一人でも多くの金属アレルギー患者様を治したい。

一人でも多くの金属アレルギー患者様を治したい。

皮膚科に通院しても、皮膚炎の原因が分からない、腕時計・ネックレス・ピアスなどの装飾品を外しても改善されなずに、悩んでいる患者様を大勢診てきました。

金属アレルギー外来は、皮膚科を受診・治療しても症状が改善されない方のための特殊外来です。

既に皮膚科を受診されて、検査結果をお持ちの方はご持参いただければスムーズに治療を開始できます。
また、皮膚科でパッチテストをまだ受けられてない方もお気軽にご相談ください。

歯科金属が原因となっている可能性がある、ということは一般に広く知られていないのが実情です。
「金属アレルギー専門外来」では、より多くの方にこの事実を知っていただき、悩み・ストレスから解放される患者様を増やしたいと思っています。

金属アレルギー専門外来についての記事

佐賀の池田歯科医院のドクターズブログ

現在、このカテゴリーの記事はありません。

ブログ一覧
PAGE TOP