歯科セラミックの装着にはマルチなレジンセメントで

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

セラミックは銀歯に比べてプラークが付きにくく、金属アレルギーのリスクも低いことから歯だけでなく身体にも優しい材質です。

良い材質だからこそ、歯に装着する際の接着剤(歯科用セメント)選びは大切です。

歯科用セメントも唾液に溶けるタイプと溶けないタイプがあり、唾液に溶けるタイプはちょっとずつ歯と被せ物の間に隙間ができて虫歯になりやすいです。

昔、銀歯を入れた歯が虫歯になった方も多いと思います。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、歯科用セメントにもこだわっており最新のセメントを使い安心して被せものを装着できるよう心がけています。

歯科レジンセメントを症例により使い分け被せ物との相性の良い物を選んでいます。

その一つが「スーパーボンド」というセメントです。

スーパーボンドはユニークな特性を持っており、その一つは水や湿気に強く安定した予後が期待できるという点です。

また完全化学重合型であり、光エネルギーを必要としないため光が届きにくい場所にセットした時もしっかりと接着してくれます。

特にスーパーボンドはセラミックやCAD CAM冠の接着に大変有効です。

被せ物がとれやすい原因は様々ですが、すぐにとれたりした方は一度ご相談ください。

 

なるだけ痛くない削らない抜かない歯医者さん

池田歯科こども歯科

佐賀市 新栄 西部環状線沿い。