抗凝固薬 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

抗凝固薬
抗凝固薬は、基本的に血流がゆっくりした部位での血栓予防の目的で使用します。

心房細動、静脈血栓、機械弁置換術後などに用いられることが多いようです。

抗凝固薬としては、古くから凝固因子活性化に必須であるビタミンKの阻害薬ワルファリンが使用されてきました。

しかし、ワルファリンは半減期が長く、食事や併用薬の影響を受けやすく、代謝に個人差が大きいことから用量調節が容易ではありませんでした。

これらの欠点を補う目的で、トロンビン阻害薬のダビガトラン、次いで凝固因子Xaの阻害薬リバーロキサバン、アピキサバン、エドキサバンが開発され、日本でも2012年から続々と認可されました。

現在この新規抗凝固薬は、直接経口抗凝固薬(DOAC:Direct Oral Anti-C
oagulant)と呼ばれています。

 

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では日々開発される薬についても知識をアップデートし安全に歯科治療ができるよう心がけています。

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん、池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い