最新のレーザー治療とは患部に直接、歯科用レーザーを照射する新しい治療法です。

レーザーを使用しない治療に比べて、処置が簡単に行え、痛みや不快感が少なく、治療効果が早くあらわれるのが特徴です。

当医院では症状に応じて、歯科用レーザーを患者様の症状に応じて、適した種類を選出し、出力やパルスを調整し効率的に使い分けております。

レーザーについて

レーザー(LASER)とは、

Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出による光の増幅)の頭文字を組み合わせて造られた名称です。

1960年にMaimannによってルビーを発振源にレーザーを世界で初めて開発され、医療の分野へは翌年、早速眼科への領域で応用されました。

その後、1970年代に歯科界での研究開発が進められ、1980年代に歯科医療の分野でも臨床化されました。 歯科用レーザーとしては、半導体(Diode)レーザーNd:YAGレーザー、Er:YAGレーザー、炭酸ガスレーザー等が一般的に用いられます。

発振源によって発振されるレーザー光の波長が異なり、それが、各レーザーの特性の違いとして現れます。

また、同じ発振源のレーザーであっても、出力の大きさやパルスと呼ばれる発振の時間と発振間隔の違いによって、人体に対するレーザーの影響度は大きく異なり、こういったレーザー光のさまざまな条件を組み合わせることによって、レーザーを歯科の多彩な用途に応用することを可能にしています。

当院では患者様の症状に応じて、複数ある歯科用レーザーから適した種類を選出し、出力やパルスを調整して治療に応用しております。

歯科用レーザーが有効な症例

歯科用レーザーが有効な症例や処置には次のものが挙げられます。

  • 虫歯治療
  • 歯周病
  • 根尖病巣、
  • 粘膜切開、
  • 知覚過敏症、
  • エプーリス、
  • フィステル、
  • 膿瘍切開、
  • 排膿、
  • う触除去(軟化象牙質蒸散)、
  • う触予防、
  • 歯質強化(フッ素応用)、
  • 小帯切開、
  • メラニン色素沈着除去、
  • メタルタトゥー除去、
  • 口内炎(凝固層形成、疼痛緩和、治癒促進)歯肉形成、
  • 止血、
  • 歯周ポケット掻爬時の殺菌消毒、
  • インプラント周囲炎の殺菌・消毒、
  • インプラント周囲炎予防、
  • 外科処置後の創面保護、
  • 治癒促進、根管治療(殺菌、消毒、乾燥)、
  • 抜歯後の血ぺい保護、
  • 生活歯髄(神経が生きている歯髄)切断など。