歯の根の治療後の痛みと違和感について

歯の根の中に虫歯等、細菌が入り込んだり歯の神経の処置をした歯の根先端に膿みが生じると根管治療が必要になってくるケースがあります。

根の中を綺麗にするにはリーマーやファイルという機械にて中をしごいたりしてカンナの様に感染物質を除去することが根管治療の目的です。

術後1週間前後の根尖部の痛みは機械的、化学的清掃による根尖周囲組織への刺激が原因の場合が多いのでしばらく経過観察する場合が多いですね。

痛みが強かったりなかなか治療しても違和感が引かないと不安だと思うので早めに受診して相談することをお勧めします。

専門医は症状がなくても4年以上消えない根尖病変は治療失敗とみなし再治療を選択するケースが多いです。