佐賀市新栄の池田歯科こども歯科医院です。

インプラントの治療はかなり認知され需要も高くなってきており特別な治療ではありません。
しかし他の治療と比較して高額なケースが多いです。我が国の超高齢化社会を考慮すると全ての医療技術に低コスト低侵襲が求められておりインプラントも例外ではありません。

インプラントにおいても、インプラントの本数の削減や直径の小さいミニインプラントを応用することで上記のニーズに対応することが可能となって来ています。

今後、無歯顎で総入れ歯の患者さんに1本のインプラントを入れる1ーIOD(ONE IMPLANT OVER DENTURE)という手法がエビデンスもしっかりといい成績を残しており海外では予知性の高い治療法として注目されており、患者さんが高齢化し介護状態になった時にも外せて利点が多いので紹介したいと思います。

1ーIODは下の前歯の中央あたりに1本のインプラントを埋入し入れ歯の安定性を高める方法です。

2002年のMCGILL CONSENSUS STATEMENTにおいて下顎無歯顎の患者に2ーIODは第一選択というコンセンサス声明が出せれました。入れ歯よりまず2本のインプラントを入れた方が患者さんのためになるので勧めなさいという定説です。当時は総入れ歯が第一選択という先入観が大学の講義で習った世代でしたので衝撃的でしたが、これからは1本のインプラントを入れていくことが普及していく可能性があります。