~睡眠時無呼吸症候群とは~

電車の事故などで睡眠時無呼吸症候群が話題となり、しばらく経ちましたが、そのうちの、閉塞型の睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に脂肪や舌などの影響で気道がつぶれてしまい、呼吸が一時停止してしまう恐ろしい病気です。

また、脳血管疾患や高血圧など様々な疾病との関連が分かっております。

この病気の主な症状としては、いびきや起床時の頭痛、昼間の強い眠気などが挙げられていますが、自覚症状があまりない方もいるので要注意です。

検査方法は終夜睡眠ポリグラフ検査が一般的です。

治療法は歯科でのマウスピースによる治療があります。
マウスピースによる治療を受けるには、歯周病がないこと、定期的なメンテナンスを受けていること、歯ぎしりがコントロールされていること、十分な歯の残存があること、顎関節が健全なこと、などさまざまな条件がありますが、治療により改善する患者さんも数多くいます。

また、よい睡眠を得るための工夫も必要です。
小さな電球をつけたり、アイマスクや耳栓の使用が有効なこともあります。

病気を放置すると交通事故などにつながる可能性もありますので気になることは相談してみましょう。