耳鳴りを感じている患者さまへ

耳鳴りは軽度でも要注意

実際に音がないのに、何かが聞こえるように感じる「耳鳴り」。

一般的に「耳鳴り」と聞くと、
突然ピーやキーンといった音や、虫が飛んでいるような「ジーーッ」という音が聞こえてきて、
数秒したら消えていく。

そんなイメージがあることでしょう。

また、これくらいの耳鳴りであれば、
経験されたことがある方は、非常に多いことと思います。

聞こえ方やその程度は、人によって異なりますが、症状が悪化すれば、家事や仕事など日常生活に重大な支障をきたしかねません。

一時的なものでおさまっていれば、特に不安を引きずることもなく、気にせず過ごしていくことが出来ます。

しかし、本当に悩んでいる方は症状が頻繁に発生したり、24時間365日いつまでも鳴っている、あるいは精神的に追い込まれるほど、鳴り響いて仕方がない状況に陥っている方が増えています。

そんな耳鳴りに悩む人が、近年の高齢化やストレス社会を反映し、増えてきました。

眠ることすらできずに、うつ状態になってしまうなど、深刻な耳鳴りに悩む人は、全国に300万人近くもいるそうです。

その原因は、耳の病気や脳の障害・自律神経の乱れなどさまざまですが、原因がわからない耳鳴りも少なくありません。

なぜこのような現象が起こるのかは、いろいろな説はありますが、医学的には未だ確実な根拠は得られていません。

人間の生理的な働きの1つとして、何らかのバランスを取っている表れが、そのような音を一時的に感じさせているのだと思われます。

しかし、池田歯科医院の専門外来を受診される方は、こうした一時的な耳鳴りにお困りなのではなくて、何日も、あるいは何ヶ月も、もしくは何年も「鳴り続けていて困っている」という状況の方が多数来院されております。

耳鳴りの原因

耳鳴りにはいろんな症状があり、原因も様々です。

  • 生理的に起こる耳鳴り
  • ストレスで起こる耳鳴り
  • 病気が原因の耳鳴り

耳管の周囲にある筋肉が原因だという説や、外有毛細胞という細胞の障害が原因だという説など、様々な説があります。

実は耳鳴りは治すことができます。

あなたは耳鼻科での診察にご満足されましたでしょうか?

実は、めまいや耳鳴りの多くは、ストレスによる障害が多いのです。
確かに耳鼻科のお医者さんは耳の機能には詳しいです。内耳や中耳・三半規管の病気なら、おそらく耳鼻科のお医者さんが一番です。
しかし、多くのめまい・耳鳴りは、内耳や中耳、三半規管には異常がない場合が多いのです。

あなたもきっと、こう言われたかと思います。

「異常はないですね。お薬を出しておきましょう」

「異常がないわけないよ。実際にめまいや耳鳴りがしてるんだから!」
と、あなたは思いませんでしたか?
それは、耳鼻科のお医者さんが、「異常がない」と判断したのは、あくまでも「内耳や中耳には異常がない」ということなのです。

では、あなたの体のドコに異常があるのでしょうか?

多くのめまいや耳鳴りは、ストレスによる自律神経失調症うつ病が原因だったり、頭蓋骨のゆがみや顎関節症(顎関節のゆがみ)、が原因だったりする時が多いです。他にも首のこりや肩こりが原因のことも多いです。
ですから、いくらめまいや耳鳴りがしていても、耳鼻科のお医者さんは、内耳や中耳などの耳鼻咽喉以外は専門外なので原因が分からなかっただけなのです。

でも耳鼻科に行ったおかげで、あなたは耳の中に異常がないことが分かりましたよね。
次は自律神経失調症、体のゆがみ、いわゆる顎関節症(顎関節のゆがみ)のことを診断することをお勧めします。

耳鳴りの放置はキケンです。

耳鳴りの原因は、加齢によるものだけではありません。
高血圧、脳腫瘍、聴神経腫瘍、脳血管など体の異常などが原因で起きていることもあります。

「年だから」と放置せず、をした方がいいでしょう。

当院ではどこから耳鳴りが原因なのかをまず診断し、内科、脳神経外科、耳鼻科、心療内科などと連携し治療を行うチーム医療体制にて診療する取り組みを整えております。

病気が影響している耳鳴りの場合は、病気が治癒すれば耳鳴りも同時に改善されていきます。

耳鳴り専門外来

耳鳴りを治すのに、はじめに音を小さくしようとするのではなくまず最初にしなければならないのは、耳鳴りを楽にすることから治療ははじまります。

患者さんにとって一番切実なのは、違和感、痛みや辛さといった苦痛です。

まずはこの苦痛を止めるのが、最優先であるからです。