よく咬める入れ歯で楽しい会話・食事を
入れ歯の大きさ、厚さ、重さ、見た目も改善します。

保険適応の入れ歯(クラスプ以外はほとんどがプラスチック)では、どうしても違和感が解消されない場合には、いろいろな治療法をご提案できます。

保険適応の入れ歯は、その素材がレジン(プラスチック)であるため、ある程度の厚みが必要です。入れ歯自体に厚みがあれば、当然違和感も強くなります。

また、その素材が樹脂(プラスチック)であるために、ものを噛んだときにゆがんでしまいます。「ゆがむ」ということは、噛んだときに入れ歯が歯ぐきに当たり不快になります。

金属床義歯(保険適応外)の入れ歯は、保険適応の入れ歯と比較して薄くすることが可能で、噛んだときのゆがみがないために痛みが出にくいという特徴あります。

義歯床部分が金属になっていて、またバネ(歯にかかる針金)も目立たないものを使用できます。

金属床義歯(保険適応外)が良いに決まっているのですが、生まれて初めて入れ歯を入れられる方には、まずは保険の入れ歯を入れて頂くことをお勧めします。それは、初めてお口に入れ歯を入れる場合、それはどんなに良い入れ歯だったとしても、生体にとっては異物になります。つまり、保険内(プラスチック)の入れ歯を入れようが、金属床の入れ歯を入れようが  違和感が生じるからです。まずは、保険の入れ歯を装着して、慣れてから金属床義歯を装着されることをお勧めします。

当院では総入れ歯・義歯の材質について、まず患者様のご希望をお聞きし、次にお口の中の状態や咬みあわせを検査させていただいた上でもっとも良いと思われる方法を提示させて頂きます。そして、最後に患者様に決めて頂いております。

詳しくは料金表ページをご覧ください
料金表ページはこちらから