急性心筋梗塞 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

年々増えている血管の病気、冠動脈疾患が注目されています。

この病気は『動脈硬化』により冠動脈が狭くなり、狭窄度が75%を超えると労作時の『狭心症』が生じます。

この段階では安定型狭心症であり生命の危険性はほとんどありません。

この状態のまま安定しているのが慢性冠疾患です。

しかし、血管壁内のプラークと呼ばれる脂質集積が増大し、血管内腔に破れると事態は急変します。

急速に血栓が形成され、冠動脈は閉塞に至らしめます。

これが急性心筋梗塞です。

以前は急性心筋梗塞は血管が、下水管のパイプが詰まるように徐々に狭くなるとされていましたが、実際は『急性の血栓形成』が原因であることが証明されました。

急性心筋梗塞は、全世界における最多の死因です。

冠動脈疾患と診断されれば抗血小板薬が治療の要となります。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、歯科治療の内容により、事前に抗生剤を飲んでいただいてから処置をする場合があります。

どの治療もしっかり説明させてから安全に治療を行なっていますので、ご相談ください。

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん、池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い