抗血栓薬服用者を安全に治療するために  佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

高齢社会になり、以前よりも抗血栓薬を飲んでいる人が増加しています。

抜歯などの歯科領域の処置に際して、抗血栓薬の中断は危険です。

ですので歯科治療では絶えず出血リスクと血栓リスクを個々で評価する必要があります。

生体における止血の機序を簡単に説明します。

血管壁が傷害されると、血小板の凝集が開始されます。一次止血のことです。

次に血小板凝集をフィブリンが覆い二次止血が完成されます。

抗血栓薬は『抗血小板薬』『抗凝固薬』『血栓溶解薬』3種類に分類されます。

このうち、血栓溶解薬は『注射製剤』なので、急性期の使用に限定されます。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、増加している抗血栓薬服用者の抜歯において、安全に治療を行うため、お薬手帳の確認や問診をしっかり行い、地域の病院とも連携しています。

なるべく、歯を抜かないのがモットーではありますが、どうしても抜いたほうが良い場合もあります。

その場合、強制的に抜くのではなく、納得してから処置を進めていきますのでご安心ください。

 

 

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん、池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い