認知症の予防には  佐賀市歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

認知症を大きく分類すると『変性性認知症』と『血管性認知症』があります。

変性性認知症は『脳の進行性変性による』認知症です。

原因疾患としてアルツハイマー型認知症によるものが60%程度と言われ、次いで『レビー小体型認知症』や『前頭側頭型認知症』があります。

血管性認知症は名前の通り『脳血管障害』に起因しています。

これらを合わせて4大認知症とも呼ばれています。

変性性認知症では何らかの原因で異常なタンパク質が凝集したことにより神経原繊維変化、神経伝達物質の異常、大脳皮質の萎縮が徐々に全体的に広がり脳の機能障害が起こることで、日常生活上の不具合が生じ、経過とともに次第に困難が増えていきます。

認知症の発症リスクは高齢であるほど顕著に高く、臨床症状は経時的に変化していき、その様子は一人ひとり千差万別です。

現時点では認知症自体を治療することは困難なのが現実です。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では認知症の悪化や予防に力を入れています。

自分の歯で噛むことで、脳に血流が行き活性化され認知症のリスクが大幅に下がります。

実際に自分の歯がしっかり残っている方は認知症や要介護になる割合が少ないという報告があり、

歯が無い人でも入れ歯でしっかり噛めることが認知症予防または、これ以上進行しないように食い止めることができます。

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん、池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い。