認知症との鑑別 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

世界保健機関の報告では世界の認知症者は約3560万人と推定され

2030年までに2倍の6570万人

2050年には3倍の一億1540万人に増えると予測されています。

日本では現在500万人以上の認知症患者が存在すると言われており、特別な疾患ではなく身近な病気となっています。

要介護状態になった原因の一位は、以前は脳卒中(脳血管疾患)でありました。

一命はとりとめたものの半身付随だったり、リハビリが必要になったりなど介護が必要でした。

平成30年にはなんと『認知症』が要介護状態の原因1位になっています。

認知症は『記憶、思考、理解、計算、学習、言語、判断など多数の高次脳機能障害からなる症候群』と定義されています。

認知症の様な症状を呈する疾患は多く、鑑別が重要になってきます。

せん妄、うつ病、精神遅滞、統合失調症、加齢による正常な認知機能の低下などとの鑑別は大切です。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、認知症患者の治療を積極的に行なっています。

是非ご連絡ください。

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん、池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い。