内部吸収 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

歯根吸収は炎症反応により起こります。

炎症反応を止める方法は、主に外部吸収か内部吸収かによって異なります。

外部吸収の場合、吸収窩を満たしている肉芽組織をすべて取り除いた後、吸収窩を封鎖性の高い充填物で埋めます。

これらのステップは歯肉弁を形成して行うことがほとんどの場合で必要です。

一方、内部吸収であれば、歯髄くう内の炎症性組織の除去と血管供給の遮断を行います。

これは根管治療が当てはまります。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では内部吸収の治療として、根管治療を行なっています。

通常の根管治療と異なるのは、根管内の炎症性組織を通常のファイル操作では完全に除去するのが難しいことです。

このような場合、当院では水酸化カルシウムを根管内にいれることにより、次回来院時に不規則な形態に入り込んだ組織を除去しやすくしています。

 

 

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん、池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い