小児の口腔機能発達不全症 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

歯科では、これまで『形態の回復』に重きが置かれていました。

虫歯の治療、インプラント、歯周病治療、入れ歯、セラミックなど。

改めて機能について考えるとき、小児と高齢者においては

『ハビリテーション(機能の発達、獲得)』

『リハビリテーション(機能の回復、訓練)』

という概念がでてきます。

小児期の口腔機能の発達は常にハビリテーションの過程にあります。

発生から始まって生後何を獲得していくかですが、

運動機能や言語機能の発達、心理発達などとともに、歯科で最も重要な『食べる機能』の獲得がスムーズにいかないことも最近の子どもでは増えています。

離乳を経て、機能の発達に合わせるように、歯が生え、歯数がそろい、歯列咬合が完成してと、『機能と形態』が見事にマッチングしていきます。

このように『形態、機能』が車の両輪のように回っていれば理想的な機能獲得はできるのですが、そこでつまずいてしまうといろいろな問題が起こってきます。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、小児の『口腔機能発達不全症』の治療や相談を行なっています。

うまくかめない、飲み込めない、発声が異常である、口呼吸などが認められるお子さんがいたら是非ご相談ください。

 

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん

池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い。