舌苔と味覚障害 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

研究によると、動物に高脂肪食を連続して食べると3日目から高脂肪食を好んで食べるようになったり、1日おきに油を与えると正の強化学習、つまり好んで食べるようになります。

過激なほどの脂が足された食べ物が最近増えた一方で、健康的で素材の味を生かす調理法や店も増えています。

食と健康を題材にした番組も多く少しずつ人の食に対する意識が変わってきているように感じます。

こういった動向の中で、歯科の役割も改めて重要になってきます。

味覚を感じとるためにはしっかり咀嚼して唾液のアミラーゼ、リパーゼを分泌させわ、小さい分子である食べ物の味成分を生じさせて味を感じるという流れを生み出せる口腔環境を整えることが大切です。

さらに味覚器が存在する舌の表面の舌苔を除去することも大切です。

健康的な油や調味料の量を約10日続ければ味覚の感度は上がっていくと言われています。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、舌ブラシによる『舌苔の除去』を推奨しています。

味覚障害や口臭の要因となる『舌苔』。

受付で舌ブラシを販売していますのでお気軽にお声掛けください。

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん

池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い。