味覚障害 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

脂肪は味覚器を刺激せず、味がないが、調理、保存や唾液リパーゼにより分解され、脂肪酸になると味覚器を刺激します。

実は脂肪酸の受容体が味細胞に存在することが報告されはじめた頃から、化学感覚つまり味覚であることが証明されました。

ヒトでは他の味覚のように明確に表現できる世界共通の言葉はありませんが、確実に生体に影響を与えていると考えられます。

実際に言葉にして表現できないような味覚にどんな役割があるのでしょうか。

忘れては行けないのは消化管とリンクした摂食調節です。

『脳相反応』は食物を飲み込む以前の感覚(視覚、嗅覚、口腔感覚、味覚)による消化管反応やホルモン分泌です。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、味覚障害の治療を行なっています。

食事中、

①味が感じられない

②いつもと同じ味付けなのに、薄く感じる

③今までとは違い、味が苦く感じる

④塩味は感じないが甘みはわかる

などなど、舌に異常を感じたら是非ご相談ください。

レーザー治療やじっくり問診させていただいて、薬剤師によるオーダーメイドの漢方治療なども行なっています。

 

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん

池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い。