第二大臼歯を正しく生えさせる方法 佐賀市 歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

下顎第二大臼歯が生えてこないという障害があった場合について。

萌出障害の第二大臼歯の整直方法としては本来、遠心部から引っ張る方法が最も効果的と考えられます。

しかし下顎第二大臼歯の萌出時期では多くの場合、第一大臼歯の遠心部は前後的にも垂直的にもクリアランスいわゆるスペースがなく、遠心から引っ張るための装置を装着しようと試みても、困難な場合が多くあります。

そのため、第一大臼歯と第二大臼歯間に遠心への何らかの力を加えることで整直させる必要があります。

引っ張る方法に関しては萌出障害の状態により、方法が異なってきます。

また、埋伏している第二大臼歯の整直に際しては第三大臼歯の有無や、その発育状態を考慮しなければなりません。

第三大臼歯の抜歯を行うことで、当該部の骨が欠落する可能性があるからです。

しかし第三大臼歯の形成つまり、歯根の形成がさらに進んで、第二大臼歯の遠心に第三大臼歯が重なるような状態になっている場合には第三大臼歯の抜歯も考慮する必要があります。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、矯正医と連携してさまざまな萌出障害の治療にあたっています。

佐賀市本庄にあるSagan歯科とも提携しています。

 

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん

池田歯科こども歯科

佐賀市 歯科 新栄 西部環状線沿い。