子宮頸がんワクチンは口腔がん予防にも有用 佐賀市歯科

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

婦人科のがんは増加しており、中でも子宮頸がんは年間1万人が罹患し3000人が死亡しています。

子宮頸がんは他の婦人科がんよりも若く発症することから

『マザーキラー』と言われています。

子宮頸がんの原因の97%

【ヒトパピローマウイルス】感染が原因であるためワクチンが予防に大きく関わります。

ワクチン接種を早期から取り入れたオーストラリア、イギリス、アメリカ、北欧では感染と前癌病変の発生件数が有意に減少しておりメタ解析でも有効性が示されています。

ヒトパピローマウイルスは子宮頸がん以外にも

口腔がん、咽頭がん、肛門がん、陰茎がんの原因となります。

口腔について、日本ではヒトパピローマウイルス感染率は女性100人あたり年740%ですが

欧米では子宮頸がんと口腔の同時ウイルス感染は1.2%と低いデータが認められました。

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院では、口腔がん撲滅運動に力を入れています。

口腔がんの原因になりうるヒトパピローマウイルスのワクチンはとても有用で積極的に接種することをお勧めします。

なるだけ痛くない削らない抜かない佐賀市の歯医者さん

池田歯科こども歯科

佐賀市歯科 新栄 西部環状線沿い