医科歯科連携

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

超高齢社会の日本でできる限り生活機能や生活の質を高めるためにはリハビリテーション栄養の視点と医科歯科連携の推進が必要です。

リハビリテーション栄養とは

栄養障害、サルコペニア、栄養摂取過不足の有無、原因の評価診断、ゴール設定を行った上で、機能、活動、参加、生活の質を最大限高めることです。

 

サルコペニアとは

転倒、骨折、身体機能障害、不良の転帰(身内の死亡など)に関連した進行性および全身性の骨格筋疾患である。

 

歯科医師がサルコペニアを診断して介入することで、摂食嚥下障害を予防、治療することが重要です。

医科歯科連携の重要性

連携することで摂食嚥下障害や栄養状態、ADLをより改善できるという研究結果があり、口から食べれるようになる患者が増加します。

佐賀市の歯医者、池田歯科医院では医科歯科連携を重視しており、八坂内科、佐賀医大、好生館と密に連携して患者の生活の質をあげれるよう日々模索しています。

なるだけ痛くない削らない抜かない歯医者さん

池田歯科こども歯科

佐賀市 新栄 西部環状線沿い