親知らず抜いたほうがいい場合

佐賀市歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

親知らずは前から数えて8番目の歯です。

正常に生えている下顎の親知らず

実は親知らずは抜いたほうがいい場合とそうでない場合があります。

こんな時は抜いたほうがいい!

①親知らずの周りの炎症で繰り返して痛む場合。

親知らずの周りに細菌が感染し腫れたり膿がたまるなど痛みを伴う病気。

これが繰り返されると顎にまで感染が広がる、口があかなくなるといった症状を引き起こします。

 

親知らずの周りの炎症で繰り返して痛む場合

虫歯や歯周病になっている場合

奥の方にありケアしにくいので治療しても再発しやすく、歯周病は周りに広がっていくので抜いてしまったほうが良いです。

虫歯や歯周病になっている場合

矯正をする場合

親知らずが横に生えていると、それに押されることで前歯の歯並びが悪くなることがあります。

こうしあ場合は年齢や状態を考慮して早期に親知らずを抜くことがあります。

佐賀市歯医者、池田歯科こども歯科医院では、好生館や佐賀大学医学部附属病院の口腔外科と連携して親知らずの抜歯を行っています。

親知らずが「あれ、おかしいな」と思ったらなるべく早く私たちにご相談ください。

 

なるだけ痛くない削らない抜かない歯医者さん池田歯科こども歯科

——————————————————-
池田歯科医院

電話 : 0952-22-0388

診療時間・お電話での対応時間
平 日 9:00~18:30
土曜日 9:00~13:00

〒840-0859
佐賀県佐賀市新栄西1丁目2-45
———————————————————