不規則な食生活は虫歯の元

佐賀市の歯医者、池田歯科こども歯科医院です。

実は、食事のたびに虫歯になっています!

食事をすると食べ物に含まれる糖質により、わずか3分程で虫歯菌が歯の表面を溶かしはじめます。

これを脱灰と言います。

しかし、しばらくすると今度は唾液の作用により溶けた表面が再び修復されてきます。

これを再石灰化と言います。

つまり、虫歯になったり治ったりを繰り返してる状態です。

しかし、脱灰が進みすぎると、唾液の力では修復することが、できなくなりやがて歯の内部まで溶け出します。

こうなると歯科での治療が必要になってしまいます。

佐賀市の歯医者、池田歯科医院では、初期虫歯は再石灰化を期待して削らずに様子を見ています。またフッ素を応用して虫歯のリスクを軽減させています。

 

なるだけ痛くない削らない抜かない歯医者さん
池田歯科こども歯科