佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

歯がしみる 虫歯ではないのにしみる知覚過敏症

Pocket
LINEで送る

歯がしみる 虫歯ではないのにしみる知覚過敏症

アイスがしみても虫歯じゃない? 

アイスクリームを噛んだら、歯にしみて「う~・・しみる!」
となったこと、ありませんか??

「歯が痛い」「歯にしみる」というと誰もが最初に虫歯を疑いますが、実は歯に痛みが出る原因は虫歯だけではありません。

歯がしみる原因No.1は「知覚過敏」です。


むしろ最近では、歯の痛みを訴えて来院する患者の約半分は虫歯以外が原因の知覚過敏か歯周病のケースが多いです。

冷たいもので歯がしみるのは、象牙質の露出が原因です

歯の表面を作っている白いエナメル質は、外部からの刺激を神経に伝達しません。
しかし、エナメル質の下にある象牙質には象牙細管といって表面に小さな穴が開いており、冷たいもの等の刺激を神経に伝達します。

つまり、何らかの原因で象牙質が露出すると冷たいもので歯がしみるんです。


しみたり、痛みは体のSOSです。
痛みがひどくなる前に、歯科医院での受診・治療をおすすめしています。

歯の知覚過敏症って?

歯周病や強いブラッシングなどの原因によりハグキ(歯肉)が退縮したり、エナメル質が消失したりすると象牙質が露出します。
象牙質表面には象牙細管という細い管が開いており、この奥にある神経へ刺激が伝わり、しみる、痛いなどの症状が現れます。

象牙質露出/エナメル質消失の原因

象牙質露出/エナメル質消失の原因には、以下のようなさまざまなものがあります。

歯周病

歯周病や歯周病の治療によりハグキが退縮し、象牙質が露出しやすくなる場合があります。

歯周病が原因で冷たいものがしみる場合、痛みは一過性で、持続しません。

そして、冷たいものが触れても、時々しみる程度です。

その他に、歯肉が腫れている、歯磨きすると歯ブラシに血がつく、歯がグラグラしているなどの症状や状態があれば歯周病が原因の可能性が高いです。

歯周病が原因の場合は、歯の周りの骨が溶け、象牙質でできている歯根が露出しています。
治療方法としては、歯根の露出が僅かであれば歯磨きの改善や表面のコーティングにより痛みを抑えます。しかし、歯周病が進行し歯根の露出が多くなると被せ物での治療や神経治療が必要になります。
歯周病は痛みが弱く自覚症状が少ないので、小さなSOSを見逃さないようにしてください。

強いブラッシング

ハブラシで力任せにゴシゴシとブラッシングをすることで、エナメル質が削れたり、ハグキが退縮し、象牙質が露出しやすくなる場合があります。

歯の漂白

歯の漂白によって、エナメル質に隙間ができ、それが象牙質まで達することで、象牙質が露出する場合があります。

その他、酸性の飲食品によるエナメル質の消失や歯ぎしりや歯の食いしばりによるエナメル質の磨耗が原因になる場合などがあります。

知覚過敏の予防と対策

知覚過敏の方は、毎日の歯みがきがしみて痛みを感じる場合がありますので、知覚過敏でしみるのを防ぐハミガキの使用をお勧めします。
また、ハグキの退縮が知覚過敏を引き起こす原因になることがありますので、ハグキの退縮に気をつける必要があります。
そのためには、適切なハブラシを用いて正しいブラッシングを行いましょう。

また歯周病を予防し、健康なハグキを保つことは知覚過敏の予防にも大切です。

 

患者様の身体的な負担を軽減する「歯科用レーザー」

当院ではレーザー治療器を用いた知覚過敏症の先進の歯科治療法を行っています。
従来の治療方法に比べて痛みや出血を抑えることができ、患者様の身体的な負担を大幅に軽減します。

レーザー治療の特徴

歯科用レーザー

痛みを軽減
歯周組織の表面にのみ作用するため、発熱を抑え少ない痛み・出血で治療が可能です。
また、痛みを伴う注射麻酔を避けられることも多く、表面麻酔や麻酔なしで対応できる場合もあります。
高い殺菌効果
レーザーの熱で虫歯や歯周病の原因菌を殺菌できるため、これらの病気の進行を抑える効果があります。
また、根管治療の際の殺菌にも用いることができます。
振動や音を軽減
一般的な治療ではドリル(タービン)を用いるため、歯を削る際の「ガリガリ」という振動や「キィーン」という不快な音が発生してしまいます。
レーザー治療なら、このような振動や音が苦手な方でも、安心して治療を受けていただくことできます。
高度な安全性
レーザー治療には副作用がないため、妊娠中の方や高血圧の方、心臓病を患っている方、ペースメーカーを使用している方でも安心して受けていただけます。

レーザー治療が対応する症例

1.虫歯の予防・治療

初期の虫歯ならレーザーで殺菌した後、フッ素塗布を行い、自然治癒を促します。
また、レーザーには歯質を強化する作用があるため、虫歯予防にも役立ちます。

2.歯周病の治療

レーザーによる熱で歯周ポケット内の歯周病菌を殺菌し、歯周病の症状改善を促します。

3.口内炎の治療

口内炎の患部にレーザーを照射することで粘膜の細胞組織を活性化させ自然治癒を早めます。処置時は多少の痛みを伴いますが、その後の痛みは少なくなります。

4.知覚過敏の治療

知覚過敏の患部にレーザーを照射することで症状を緩和することができます。

 

1度経験すると2度と経験したくない歯の痛み。
あまりの痛さに家事や勉強、仕事等が手に付かないという経験をされた方もいると思います。

残念ながら、ほっといても虫歯や歯周病には自然治癒がありません。
症状が落ち着いたとしても、治療しない限り、病気は確実に進行していき、より大きな痛みを引き起こすことにつながります。

また治療のタイミングが遅れると、削る量が増え、最終的には抜歯へとつながります。
経験上「もう少し早くきてくれれば」ということも少なくありませんので定期的に健診し予防歯科をおすすめしています。

佐賀県佐賀市痛くない歯医者、歯科の池田歯科医院