佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

tel:0120-6789-11

ブリッジ歯科治療が、健康保険で白く、金属を使わないメタルフリーが可能になりました。

Pocket
LINEで送る

歯科治療のブリッジ治療が、保険で白く、金属を使わないメタルフリーの治療が可能になりました。

歯を失った箇所をとなりの歯でカバーし、噛む機能を復活させるブリッジ治療。
健康保険が適用されるので、失った歯を回復させる歯科治療では、最もメジャーで人気があり、佐賀市池田歯科医院でも第一選択される方も多いです。
しかし歯科治療を保険でブリッジを入れようとすると、今まで金属を用いて被せる方法が一般的でした。

ですが、見た目も金属が見えてしまい、女性の方は、特に嫌がる方が多かったのが実情です。

だからと言って、自費でオールセラミックのブリッジにて金属を用いないメタルフリー治療をすると、治療費が一桁増えてしまい経済的にあきらめていた患者さんも多かったのです。
しかし、2018年4月から、保険診療でメタルフリーの臼歯3歯の白いブリッジ治療が健康保険の適用になりました。
正式な名称は、④5⑥ 高強度硬質レジンブリッジ(FRCブリッジ)という治療法で、GCエクスペリアという金属を一切用いない材料を用い、身体に優しいメタルフリー治療のことです。

歯冠用高強度硬質レジンとダブルの歯冠用グラスファイバーを組み合わせることによって、必要十分な曲げ強度を実現し保険のブリッジでも白くてきれいな体に優しい金属を用いない治療が可能になったのです。

このFRCブリッジ治療法は金属アレルギーで悩んでいた方や、身体にとってリスクのある金属を入れたく無い方へ保険で可能な治療としてご紹介したいと思います。

健康保険で白いFRCブリッジが可能な条件として

上下顎両側の全ての第二大臼歯が残存し、左右の咬合支持が確保されている患者さん
に対し、応分の咬合圧に耐えうる場合等において、第二小臼歯の欠損に対するポン ティック1歯と第一小臼歯及び第一大臼歯を支台歯とするブリッジに使用する場 合に限り適応可能

上の規定にかかわらず、金属アレルギーを有する患者(医科からの診療情報提供 に基づく場合に限る。)に対する、臼歯1歯の中間欠損に対して、臼歯の支台歯2 歯とポンティック1歯のブリッジに使用した場合に算定する。

 

詳しくはこちらへ

④5⑥ 高強度硬質レジンブリッジの特徴とメリット

金属を一切用いない事が可能となり、見た目が今までの銀歯を用いた保険のブリッジより遥かに審美的に美しく仕上がる事が可能です。

そして、金属ほど硬くないので、噛み合わせる反対側の歯に対する負担が少ないのがメリットです。

 

④5⑥ 高強度硬質レジンブリッジのデメリット
まずオールセラミックではないので割れたり欠けたり折れたり外れたりするトラブル、リスクが金属を用いたブリッジよりも高いです。

クリアランスと言って反対側の噛み合わる歯との隙間が少ないと治療するのが困難であり、割れるリスクも高まると思います。
また、2018年に出来たばかりの治療法なので歯科医師、衛生士、技工士の臨床経験数、経験値、ノウハウの蓄積が少ないので個人的見解で考察すると、リスク管理の面においてもトラブルが、全ての面で金属ブリッジより高い確率で起こりやすいというリスクもあり、池田歯科医院では症例が適しているのであれば素晴らしい治療方法なので、最善の治療方法を、患者さんひとりひとりのニーズに合わせてご提案し、歯科診療していきたいと思います。
佐賀県佐賀市 痛くない歯科 池田歯科医院