佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

カリソルブ 削らない新しい虫歯治療について

Pocket
LINEで送る

虫歯の新しい治療法 カリソルブ治療とは

スウェーデンで開発された、削らない虫歯治療技術

カリソルブ治療は、健康な歯質をほとんど削らない虫歯治療で安全性に富む新しい治療です。

スウェーデンで1998年に認可され、現在ではヨーロッパをはじめ、世界各国で一般的な治療として普及してきています。
日本では2007年に厚生労働省に認可された治療方法として注目を集めています。

低侵襲の薬剤で、う触だけを除去します

カリソルブは、歯科用の材料として安全性が確認されている次亜塩素酸ナトリウムとアミノ酸を使用した薬剤です。

健全な軟組織、エナメル質、象牙質には作用せず、う蝕だけに作用しやわらかくすることのできるカリソルブは、健康な歯質をほとんど削ることのない虫歯治療が可能です。

ドリルの使用を最小限に抑えられ、ほとんどの処置において無麻酔または麻酔の量を減らすことができます。

神経に触れずに歯を健康的に守る、画期的な治療方法です。

う蝕以外の健康的な歯質はアミノ酸により保護されます。

カリソルブ治療は、神経まで達していない虫歯が対象です。

う蝕部分にカリソルブを塗布することで、う蝕組織のみに薬剤が作用し軟化します。

専用のインスツルメントでやわらかくなった組織を取り除き、詰め物をするだけで治療は終了です。

歯を削る方法
カリソルブを使い場合、基本的に耳かきの先くらいの大きさの、
ペン型の道具で虫歯を取っていきます。

確かに虫歯が溶けたような感じです。
ただし、入り口の小さいが中で広がっている虫歯などでは、
カリソルブをより効かせるために、
入り口の部分をエンジンで削らなければ
ならない場合が多いです。

入り口の広い虫歯は、
そうなるまでには相当の期間がかかるため、
すでに歯の神経の治療(歯内療法)が必要なケースが多く、
カリソルブ自体適応ではありません。
よって、削らなくてすむケースもありますが、「状況によって」という制限があります。

カリソルブの手順

(薬剤を投入するためのスペースを作るためにドリルを使用する場合もあります)

》使用手順の動画はこちら(音が鳴りますのでご注意ください)

虫歯の再発リスクを最小限に

通常の虫歯治療ではすべての虫歯部分を削りきれず金属や樹脂で蓋をしてしまうことがあるため、奥深くにに残った虫歯菌が再び増殖し、虫歯が再発してしまう可能性があります。

う蝕に反応するカリソルブなら、虫歯部分を残すことなく除去することが可能です。

カリソルブの治療時間と通院回数

カリソルブの治療は、薬剤を塗って虫歯を溶かし、それを除去する、という作業を数回繰り返します。そのため、従来のやり方で一気に削る治療に比べると、1回の治療時間は長くなります。

各歯科医院によっても異なりますが、目安としては治療時間が1回40~60分程度となり、通院回数1~2回の期間で治療が行われます。

3.カリソルブ治療のメリットとデメリット

メリット

カリソルブ治療は、従来の削る虫歯治療に比べ、さまざまなメリットがあります。

①治療時の痛みが少なく麻酔を使わない治療が可能です。そのため麻酔ができない子供や高齢者の方にも有効です。

②歯の神経を残せる可能性が高い治療です。カリソルブ治療は虫歯になっている部分のみを取り除くことができるので、今まで神経を残すことができなかった深い虫歯でも神経を残せる可能性が高くなります。

③歯医者特有の音や振動などによる恐怖感がないので歯科恐怖症の方も安心して静かな治療ができます。

④薬剤で柔らかくなるのは虫歯に侵された部分だけなので、健康な歯を最大限残すことができます。

デメリット

①従来の虫歯治療より1回の治療時間が長くなります。今までの虫歯治療では、ドリルを使って削っていくため、あっという間に虫歯の部分を除去できました。

カリソルブ治療は薬剤を虫歯になっている部分にゆっくりと作用させます。ですから、通常の虫歯治療のおよそ2~10倍の治療時間がかかると考えられます。

  • ②保険が効かない(自由診療)

③カリソルブは溶けた歯を除去するために虫歯の穴にアプローチする必要があるため、虫歯の入り口が小さくて中で大きくなっている場合は、器具が届かないため入り口を削って広げないといけません。つまり、歯を削らないといけない場合もあります。

小児歯科用に開発された虫歯治療薬のキッズソルブ

キッズソルブは、永久歯用のカリソルブを、乳歯・生えたての軟らかい永久歯用に開発された小児用のカリソルブです。

乳歯や生えたての永久歯は、成人の永久歯と比べエナメル質が軟らかいため、キッズソルブでは小児用として専用に薬剤の配合をしています。乳歯のう蝕はキッズソルブの方がカリソルブよりもやわらかくなりやすく作られています。

キッズソルブはカリソルブと同様に世界各国での小児歯科の虫歯治療として普及してきており、日本でも最先端の小児歯科虫歯治療として注目されています。

治療費

カリソルブ 1本 ¥ 20,000

カリソルブ治療は使用する薬剤が保険適用外で、混合診療(自費診療と保険診療併用)が認められていない為、保険治療で受けることはできません

つまり、カリソルブ治療は、完全自費治療となる為、虫歯1本あたり、最後に仕上げる際の詰め物(被せ物)代が別途3万~くらいかかります。