佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

大人の矯正、子供の矯正

Pocket
LINEで送る

大人の矯正に年齢制限はありません

 

大人の矯正は、何歳になっても可能です。

社会へ出て、きれいな歯並びの必要性を実感され、矯正をしようと思う方もたくさんいらっしゃいます。

矯正歯科と言えば、小さなお子さんのイメージが強くしますが、大人の方も悩みは同じです。

特に女性は見た目が気になって当院にいらっしゃる方が多いです。

ただ、精密検査をしていくと、見た目以外に、虫歯や、歯周病、顎関節症といった何らかの症状を皆様持ってらっしゃいます。
矯正治療以外の治療にも力を入れている当院だからこそ、歯をただ綺麗に並べるだけでなく、総合的に治療をすることが当院の特色です。

確かに見た目も綺麗に治せるのが矯正歯科治療ではありますが、長い人生、自分自身の歯でいつまでも何でも美味しく食事が出来たりと、健康な歯並び・かみ合わせをいつまでも保って頂きたいという思いが、当クリニックの目指す治療になります。
生涯にわたって健康な歯並び・かみ合わせをサポートさせていただく事が、当院の願いです。

また歯科治療の観点から、インプラントや被せものをする前に歯並びを整える方もいます。どちらの場合も、患者様のご希望やライフスタイルに沿った治療プランをご提案しますので、ぜひご相談ください。

♦歯並びを整えると、まず顔だちが変わります

歯並びを整えると顔つきが変わります

歯科矯正をすれば、歯並びがきれいになります。
それは当たり前なのですが、顔だちも変わります。

特に横顔の変化がわかりやすいでしょう。横から見ると、口元のラインが変わり、とても美しくみえます。

正しい歯並び、かみ合せになると食べ物がきちんとかめ、全身によい影響を与えます。

♦虫歯や歯肉炎・歯周病を防ぎ、歯の寿命を延ばします
矯正治療は、歯並びを整えて噛む機能を回復することにより虫歯や歯肉炎・歯周病を防ぎ、歯の寿命を延ばします近年では、しっかりと噛めることによって、脳への血流が良くなり記憶力が向上したり、認知症になりにくいということも分かってきました。

かみ合わせ治療に関して

かみ合わせ治療に関して

歯の上下のかみ合せについては、矯正治療の一環として重要です。

見た目だけではなく、かみ合せの不具合により、ストレスを感じることもあります。症状を見ながら、治療を進めてまいります。当院の院長は、かみ合せ治療の研修会にも積極的に参加しており、その治療には定評があります。
お気軽にご相談ください。

 

きれいな歯並びはお子さまの財産です

きれいな歯並びはお子さまの財産ですきれいな歯並びは、 お子さまに自信を与えます。

きれいな歯並びなら、口元を気にせず、積極的に人と話し、コミュニケーションを深めることができます。この時期に受ける治療は、お子さまの一生を左右します。
お子さまの歯並びについては、ご両親がチェックすることが大切です。

小児矯正の目的

乳歯の虫歯は歯の正しい永久歯交換を妨げる原因となります。また悪習癖は将来の歯並びに影響します。
正しいブラッシング法を身につける事は虫歯を予防するだけでなく歯並びにとっても大切なことです。
上と下の歯が反対に咬んでいる場合、アゴの骨の成長バランスに悪影響を及ぼすことがあります。早期に正しい咬み合わせに改善し、正しい骨格形成をうながす必要があります。アゴの骨の成長をコントロールする装置は取り外し式のタイプから固定式のタイプまでいろいろあります。
虫歯になって早期に乳歯が抜けてしまったり、6歳臼歯(第一大臼歯)が通常の位置より前方に生えてくれば、将来の永久歯のためのスペースが不足する場合があります。乳歯の脱落で空いたすき間を確保したり、6歳臼歯を正しい位置に動かしたり、アゴの骨や歯列を広げることで、永久歯が生えてくるためのスペースを確保します。
たとえ小さなお子様でも、歯に付いた矯正装置が気になるものです。コンプレックスのない明るいお子様になっていただくためにも、子供にとって精神的な負担の少ない装置を作製しています。

しっかりと力が入り運動やスポーツ能力に関係します

歯を食いしばるという言葉がありますが、噛み合わせによって身体の力の入り方も変わります。噛み合わせが悪いと踏ん張った時に、口の中の筋肉をバランスよく活用する事が出来ず力が入りきらないのです。矯正治療をして噛み合わせを良くすることで、バランスよく口の筋肉を活用でき、しっかり噛むことができるようになりスポーツをする際には力を発揮できるでしょう。

集中力をUPさせます。

お子様の噛み合わせは、集中力と深い関わりがあります。
集中力の低下は、噛み合わせが悪いことによっておこっている可能性があります。勉強に身を入れるためにも、矯正治療を早い段階でしっかりと行い、噛み合わせを整え、ちゃんと噛めるようにする必要があります。

<小児から矯正する早期治療のメリット>
(1)永久歯になったときの治療が楽になり負担が減る、あるいは抜歯せずに治療できる可能性が高まります。症例によっては、永久歯列になったとき本格的な治療を必要としない場合もあります。
(2)出っ歯や反対咬合(受け口)など骨格的な問題が大きい場合、早期に顎の大きさを広げていくことによって、手術を回避する可能性が高まります。
(3)歯の動きが早く、治療期間が短縮できます。
(4)矯正治療に伴う歯肉退縮や歯根吸収などが起こりにくくなります。

♦矯正治療の開始時期について

成長期の子供に対する歯列矯正、「小児矯正」。小児矯正にとって大切なことは、あごの骨の成長具合と矯正開始時期を合わせることです。この開始時期の違いによって治療結果に大きな差や、メリット・デメリットが発生します。

矯正治療の開始時期のイメージ

上顎(あご)の成長期

上あごは、7才から8才にかけての1年間で、急速に成長します。そしてこの時にできあがった上あごの大きさが、そのまま生涯の上あごの大きさとなるのです。
そのため、この時期に上あごの成長が遅れている子供は、しゃくれてしまうリスクが高まり、その成長を促し、反対に上あごが突出している子供はその成長を抑える必要があります。

第一期治療

あごの成長速度のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響をあたえる咬み合せを治療します。

下顎(あご)の成長期

下あごは、11才の半ばくらいから、約3年間成長を続けます。上あごに比べて成長期間が長く、大きく成長するため、あごの骨に成長異常があります。
子供は、この時期に治療することが重要です。
また、下あごの成長は上顎前突の子供にとっては有利に働きます。この時期にはできるだけ下あごが前方に成長するように促進しましょう。

第二期治療

永久歯が生えそろったところで、ブラケットをすべての歯につけ、歯並びなどの細かい治療を行います。

歯並びと遺伝

歯並びは少なからず遺伝します。それは、親と子の顔や体系が似ていることはもちろん輪郭や骨格が似ているのは当たり前のことであって、それによって不正咬合になる可能性は考えられますがご安心してください

乳歯から永久歯に生え変わる段階での矯正治療で歯並びは改善されます。

学童期のお子様は顎の骨が柔らかい傾向があり、顎の骨を動かし歯がキレイに並ぶスペースを確保することが可能です。歯が生えてこない、生えることが遅いことでかみ合わせ不全が起こり、歯並びが悪くなる可能性があります。

♦小児矯正治療の流れ

  1. 第一段階の治療
    悪習癖などの不正要因を取り除き、正しい成長方向へと導いていく治療が主体となります。取り外し式の装置が多くなりますので、混合歯列期である小学生頃に開始するのが適しています。
  2. 経過観察
    不正要因を除去したら、一度、装置を外し、永久歯が完全に萌え揃うまで、成長観察をしていきます。
  3. 第二段階の治療
    今度は、成人の方と同じ、一般的な矯正器具を永久歯に装着し、最後の仕上げを行っていきます。12歳臼歯が萌え揃った中学生頃から治療開始となります。

♦指しゃぶり

お子さんの指しゃぶりについて

親指をしゃぶる癖が指しゃぶりの中でもっとも多く、指しゃぶりの50%はこの形と言われています。
この癖は、やがて出っ歯になり、前歯が開いたままになり、咬み合わせることがうまくできないという症状をともないます。ただし、指しゃぶりによるこれらの症状は、骨格(顎)には問題がなく、歯並びの変形が軽いお子様の場合であれば、4~5歳までに指しゃぶりをやめれば、自然に治癒すると言われています。5歳までに指しゃぶりをやめる事ができなかった60%強のお子様で、自然治癒が認められなかったということからも、指しゃぶりは乳児期に中止する事が良いでしょう。

 

歯列への影響は
上顎前歯の出っ歯、下顎前歯の舌側傾斜、上顎の歯列狭さく(V字歯列)
発音、顎発育への影響があります
例えば、サ行の発音が、<しゃ、しぃ、しゅ・・・>のようになる。
下顎の前方発育を妨害し、後下方へ回転させ、結果として出っ歯を増長させてしまう。
口元の変化
上唇の翻転、口唇閉鎖不全
開咬、上顎前突の本格的不正咬合に発展、側貌(横顔あるいは口元)も変化
成長発育にともなって骨格性の不正咬合に移行し、特有の顔貌を呈する。
悪習癖が出ます(上下前歯間の空隙に舌が出る)
舌突出癖、異常嚥下癖(正しい飲み込みができないこと)、口呼吸