佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

「治療法はたくさんあっても診断は一つ」と言われるほど、診断は重要です。

Pocket
LINEで送る

歯を少しでも削ることは、その歯が抜歯に向かうスイッチを押すことに他ならないと言われています。

つまり、少しでも歯を削ってしまうと、その部分からまたむし歯が再発したり、神経を取ることになったり、被せ物が大きくなったり、最終的には支える根が割れて抜歯となってしまいます。

当院では、安易に歯を削ることや抜くことをせず、できるだけ「歯の保存」に努めています。

お口の中の虫歯菌や歯周病菌の数、種類、悪性度は個人により様々です。
虫歯や歯周病菌は菌による感染症です。そのため菌の種類や悪性度を検査し、除菌(殺菌)を行いながら治療が必要となります。
虫歯菌や歯周病菌の除菌(殺菌)を行わず虫歯の治療や歯周病の治療を行っても、単なる対症療法を行ったにすぎません。必ず再発をくり返します。
再発をくり返せばくり返すほど、歯は銀歯へと移行し、神経を失い、ついにはグラグラになり、入れ歯への道をたどります。
歯の平均寿命は約58年です。なぜこんなにも短いのか、それは虫歯菌や歯周病菌の検査を行わず、そして除菌(殺菌)を行わず、日常を過ごしてしまうからです。
当院では様々な検査にもとづき、患者様個別にカウンセリングを行い、健康をサポートしていければ大変うれしく思います。
検査は重要です。検査結果を定期的にモニタリングすることにより、治療計画や予防プログラムの立案、変更、微調整も行えます。
「歯に穴があいたからつめ物をする」

「歯がグラグラするから抜いて入れ歯をつくる」

「歯が痛いから神経をとる」

このようなことはどこの歯科医院でも当たり前のように行っています。しかし、そのような時代はとっくに過ぎ去ったのではないのでしょうか?
当院では「歯に穴があかないためには何をすべきか」「歯がグラグラしないためには何が大切か?」「神経をとるところまで発展させないためには何が必要か」をご提案できるクリニックであり続けたいと考えております。

そのため日々診療室で、細菌レベルでの戦いを挑んでおります。虫歯や歯周病に限らず、疾病の発症はいたってシンプルです。
悪玉菌数が善玉菌数を上回った時、人間は疾病を発症します。健康を保つためには常に善玉菌数が悪玉菌数を上回っていれば良いのです。
当院のコンセプトを一言でまとめると、「お口の中で善玉菌数が悪玉菌数を上回る環境をつくること」と言えるでしょう。

そしていつの日か、歯に対するお困り事がなくなり、健康で予防の重要性を意識しながら日常生活を送れる方々が増えることを強く望んでおります。

池田歯科医院治療のコンセプト

理念図

治療を消滅させる歯科医院

治療を消滅させる歯科医院

みなさんは何のために歯医者さんへ行きますか?多くの方が「もちろん、歯の治療のため」と答えるのではないでしょうか。
また「歯医者さんは行きたいところですか?」と聞くと、おそらくほとんどの人が「行きたくない場所」と答えることでしょう。
このみなさんにとって当たり前の答えが、当たり前でない国があることをご存じでしょうか。

それは、フィンランドやスウェーデンといった北欧諸国です。北欧諸国では、歯医者さんは歯の治療のために行くところではありません。では、何をしに行くところなのか?答えは、“歯を治療しなくて済むように歯を守るために行くところ”です。そして歯医者さんは、子どもからお年寄りまで“みなが行きたいところ”なのです。
この“歯を治療しなくて済むように歯を守るために行くところ”という意味をすぐに飲み込めない方も多いかと思います。しかし、この考え方は北欧諸国では今や常識となっています。なぜなら、北欧諸国では、虫歯や歯周病といった歯や歯ぐきの病気にかかる人がほとんどいません。歯医者さんは、そうした病気にかからないように、すなわち「予防」のために通うところになっているのが常識だからです。
北欧諸国の人々は、生まれたときから定期的に歯医者さんに通って検査をし、虫歯や歯周病になりそうなリスクがあれば、それを事前に取り除く「予防」をしているため、歯の病気にかかりづらいのです。実際スウェーデンでは80歳の歯の平均本数は21本に対し、日本はたったの9本(どちらも最大で32本)なのです。
ですから彼らにとって歯医者さんは日本のように“行きたくないところ”ではなく、“誰もが喜んで行くところ”になっています。
日本では、歯医者さんへ入っていく人の顔が一様に曇っているのに対し、フィンランドでは子どもも大人も、みなニコニコと笑顔で歯医者さんへ入っていくようです。そして笑顔で帰っていく。本当の話です。日本人は「歯医者さんのあのキーンという音がやだよね。」とよく言いますが、北欧諸国の人達にはそんなイメージは無いでしょう。
私は常に、フィンランドやスウェーデンと日本の歯医者さんはいったい何が違うのだろう?日本の歯科医院、歯科医療と何か根本的な違いがあるのではないか?と真剣に考えるようになったのです。
そして私の目指すクリニックも、お困り事が発生したら通院するクリニックではなく、お困り事を発生させないために通院するクリニックを目指して、日々予防を中心とした診療を行っております。
そしていつの日か、地域住民の皆様から、治療という行為が「消滅」する日が来ることを夢見ております。

♦痛くなってからでは遅すぎます

痛くなってからでは遅すぎます

現在、残念ながら日本の歯科医療には北欧諸国のような「予防」という概念はほとんどなく、「治療」が中心です。
ほとんどの歯医者さんでは、ただ単に「削る」「詰める」「抜く」といった治療が行われています。
虫歯ができてしまったから削る、穴があいてしまったから詰める、歯がだめになってしまったから抜く。歯科医師も患者さんも、それが当たり前だと思っています。しかし、これは治療という名の応急処置でしかありません。本来であれば、穴があいた原因は何なのかをしっかり調べて、二度と穴があかないようにするにはどのような処置をすべきかを考えるべきであり、それが本当の医療です。ところが日本のほとんどの歯科医師は、初めて患者さんが来たらまず簡単なチェックを行い、「じゃあ治療をしましょう」と言っていきなり治療に入ります。治療の後に当然のごとく、「何かあったらまた来て下さい」という言葉で締めくくり、「今後の対策」といった提案が行われていないのです。当然、きちんとした対策を提案せずに終了してしまえば、虫歯や歯周病の再発は繰り返すのは当然でしょう。したがって、日本では多くの人が生涯に渡って何度も歯の治療を繰り返し、挙句の果てに高齢になったとき自分の歯がほとんど残っていないという非常に不幸な結果を招いているのです。

北欧90% 日本2%の違いはなぜ?

北欧諸国では歯医者さんは、“誰もが喜んで行きたいところ”だという話に触れました。一方、日本では、“歯医者さんは最も行きたくないところ”のひとつです。この違いを実際にデータで見てみると、みなさんその差に驚くはずです。
定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合が、スウェーデンでは90%であるのに対し、日本ではたったの2%しかいないのです。
ほとんどの人が定期的に歯医者さんに行っているスウェーデン。一方、100人に2人しか歯医者さんに行かない日本。この差はまったく驚くべき数字です。
なぜ日本はこれほど歯医者さんへ足を運ばないのか。答えはこれまで述べてきた通りきわめて明白です。それは、日本人にとって歯科医院は「歯が悪くなったとき治療しに行くところ」であり、「治療は痛くて嫌なもの」だからです。
北欧90% 日本2%の違いはなぜ? 「日本は保険で虫歯の治療が安くできるのだからよいではないか」、「年に何回も歯医者に通い続けるのはお金のムダだ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この定期的に歯医者さんに通っていない98%の人は、将来大きな代償を払うことになるのです。なぜなら、この人たちは生涯に渡って治療を繰り返すことになり、やがては自分の歯の多くを失い、その治療に費やす時間と費用、そして苦痛は膨大です。 日本人の場合、60歳から平均年に1本ずつ歯が失われていき、気がついた時はもう手遅れになってしまうのです。今の日本人が持っている「歯医者は痛くなったら行けば良い」という概念を根底から覆す努力が必要とされています。

予防という概念が定着していない日本の歯科医院は、まるで「応急処置」をする野戦病院のようになってしまっていて、歯科医院側もやって来る患者さんをとりあえず治療する、患者さん側は歯が悪くなったら治療だけをしてもらいに行く、という悪循環が繰り返されてしまっています。
戦後、アメリカから日本へと砂糖を使った食品が大量に入ってきて虫歯の洪水と言われた時代、早く痛みを止めてくれるのが、良い歯医者さんとされていました。どんな治療をしていたかというと、麻酔をかけて神経を取ってしまうやり方です。それが今でも主流になってしまっていて、歯科業界もそうした旧弊なスタイルから抜け出せないままなのです。
患者さんの全身を、より健康に導くための「予防歯科」という処置に対して、「痛くもないのに通院するなんてめんどくさい。痛くなってから歯医者なんか行けばいい」という考えが、日本では根付いてしまっているのです。そのため、どこの病院に行っても同じような処置をされてしまい、いつまでたってもズルズル通院を行い、挙句の果てに転々と歯科医院をまわり、結果としてかかりつけの歯科医院が見つからないという状況に陥ってしまうのです。
現状の“行きたくない”と思われてしまっている歯科医院を“行きたい”と思われるような場所に変えること、自分がこの歯科医院に通ったら生涯安心だな、と思ってもらえるような医療を提供することが、これからの歯科医院にとって最も重要な課題と考えています。

「マイナス1歳からの虫歯予防」

フィンランドでは、子どもからお年寄りまで、誰もが進んで歯医者さんを訪れますが、とくに妊婦さんは口腔内の健康に気をつかっていて、多くの妊娠中の女性が歯科医院に足を運びます。
当地では「妊娠したらまず歯科に行こう」という感覚が当たり前になっているのです。妊娠中の母親は女性ホルモンの関係で虫歯や歯周病になりやすく、歯周病菌などが子宮に悪影響を及ぼし、早産のリスクが高まることを知っているからです。そのため、フィンランドでは妊娠したらすぐに歯科医院に行って、歯科衛生士の下で教育を受ける土壌があります。
そして出産後は、子どもを絶対虫歯にさせない、そのためには0歳から歯医者さんに通う、というのが当たり前の社会になっています。北欧諸国では「マイナス1歳からの虫歯予防」という言い方をしているのですが、つまり生まれる前から、お母さんから口の中の健康を守るという考え方です。院でも妊婦歯科検診を積極的に行っております

生まれたときから定期的に歯科医院に来院して「予防」を行えば、一生虫歯や歯周病にならない生活を送ることができます。日本でもこれまで「予防が大切」と言われてきましたが、日本で言う予防とは単に「早期発見、早期治療」という意味に過ぎません。定期的に歯科医院に行って、小さい虫歯のうちに見つけて、小さいうちに処置しましょうという程度のものですが、北欧諸国の場合は絶対に「疾病を食い止める」、「疾症を起こさせない」ということが念頭に置かれているのです。
横浜歯科クリニックの理念 「予防とは何なのか」と今一度考えてみました。考え抜いた末に「健全歯を削らないこと」、「しっかり根拠のある予防をすること」という結論にいたりました。
ただ歯の点検をすればいいというわけではなく、「きちんと検査して、評価して、定期的に患者さんの口腔内の変化をしっかりとデータとして残す」ということです。一般的な歯科医師は、その患者さんが「いつ来たのか」、「どんな治療をしたのか」という情報は、当然カルテを見れば分かりますが、私たちの医院で行っているデータ管理はそれだけではありません。患者さんごとに、細かい変化や次に来院されるまでにどのような課題を患者さんに与えたかなど、より詳細な情報をしっかりと整理・収集しています。そのデータを見ながら「今こういうリスクを生じているから、こういうアプローチをしよう」といった判断をし、今後の予防プランを提案していきたいのです。「検査をしないのは医療ではない」ということです。現在私の医院で行っているスタイルは、そうした考えをベースに「きちんとデータ化する」という考え方で行っています。
それは「きちんと検査をし、きちんと管理をする」ということです。ヨーロッパのなかでもとくに北欧は、福祉国家と言われているとおり、国家がきちんと国民全体のQOL(Quality of life=人生の質)を重要視してコントロールがなされていて、歯科医療だけでなく、医療全般に対しても同じような発想で取り組みが進められてきました。
治療という面を見れば、北欧諸国よりも日本の方が技術的には上かもしれませんが、国民の健康の管理体制、予防に関する国民の意識という点では、北欧諸国の方が進んでいます。
日本の他の歯科医師の方々も、北欧諸国のそうした「予防歯科」というスタイルを取り入れる方々もいらっしゃいますが、数的、比率的にまだまだ少ないのが現状です。私の目指すところ、それは予防を行うことにより「地域のみなさまの歯の治療を消滅させること」なのです。

5つのこだわり

  • 一人一人にあったオーダメイドの治療を心がけています
  • 生涯にわたり定期管理を行い、皆様の健康をサポートします
  • 光・空気・水にこだわり、快適空間を心がけています 
  • 半個室・完全個室の完備によりプライバシーを保護します
  • 圧倒的な患者様の喜びの声も当院の特徴です

佐賀市 池田歯科医院