佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

口腔外科って歯科とどう違うの?? 親知らずの痛みについて

Pocket
LINEで送る

口腔外科(こうくうげか)とは?

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性の疾患を扱う診療科です。

この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。
この領域の異常は、食事や発音・会話がうまくできないなどの機能的な障害に加えて審美的な障害も生じます。治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形態や機能が回復すると、顔全体がいきいきとし、健康的な美しさを取り戻すことができます。そのお手伝いをするのが口腔外科です。

親知らずを抜くにあたって、歯科・口腔外科の違いがわからず、どちらで抜くべきなのか悩んでしまう人も多いでしょう。特に日本人は顎が小さいことから親知らずに関連したトラブルを抱える人が多いといわれており、身近な問題となっています。

今回は歯科・口腔外科の違いを解説し、親知らずの状態に応じてどこで抜歯すべきかをご紹介していきます。親知らずにも生え方によって様々なタイプがあり、状態によって歯医者で抜ける場合と口腔外科を紹介される場合に分けられます。

口腔外科で扱う疾患

口腔外科で扱う疾患は、口腔癌、先天的な疾患(生まれつきの病気)と後天的な疾患(生まれつきではない病気)があります。後天的な疾患としては、親知らずに関連したトラブルが代表的です。
具体的には、親知らずの抜歯や、親知らずの周りの歯茎が炎症を起こしたときなどが挙げられます。一般的な歯科とは違い、口腔外科は馴染みが薄いようなイメージがありますが、親知らずのトラブルなどの身近な疾患も扱っています。
他には、交通事故やスポーツなどで顎や顔を怪我した際も、口腔外科での処置が必要になることがあります。外科的な処置が中心となりますが、中には口の中の唾液や粘膜に関する内科的な病気を扱うこともあり、口腔外科で扱う対象は幅が広いことが特徴です。

親知らずはどこで抜くべきか

 歯医者で抜ける親知らず

■親知らずは歯医者で抜けるか

親知らずの痛みや虫歯を指摘されたり、親知らずによって歯並びが悪くなったなどの理由で、親知らずの抜歯を検討する場面もあるでしょう。かかりつけの歯科で抜きたいと考える人が多いですが、親知らずの状態によっては歯医者で抜くことも可能です。もちろん子供も可能です。

■歯医者で抜ける親知らず

歯医者でも親知らずの抜歯を行うことがあります。基本的には真っ直ぐ生えていて下顎管に接していなければ抜くことは可能です。歯が真っ直ぐ生えていて、歯茎や骨の中に埋まっていなければ、それほど難しい抜歯とはならないため一般的な歯医者でも対応可能なのです。

もし、歯の一部が歯茎に埋まっている場合や、歯が斜めに生えている場合は、歯医者によって対応が異なります。そのまま歯医者で抜いてくれる場合と口腔外科へ紹介される場合があります。

親知らず 斜め

■歯医者から口腔外科への紹介

奥歯の痛みがあり歯医者に行ったところ、レントゲンを撮ってみると歯茎の中に親知らずが埋まっていたということは、非常によくあることです。このように歯が歯茎や骨の中に埋まっている状態を「埋伏歯」といいます。

埋伏歯の抜歯は歯茎を切開する必要があり、外科的な処置が必要となるために一般的な歯科では対応できないことがあります。その場合、レントゲンから得られた情報を元に口腔外科や大学病院への紹介となります。

口腔外科で抜くべき親知らず

■口腔外科で抜く親知らずの特徴

口腔外科で抜かなければならない親知らずの特徴としては、まず外科的な処置が必要となることが前提です。外科的な処置とは、歯茎を切ったり、骨を削るなどを指します。そのため、口腔外科で抜く親知らずは歯茎や骨の中に埋まっていたり、斜めに生えてしまっている場合が大半で、局所麻酔で処置を行うことが多いのです。

親知らずの状態が複雑で、一般的な口腔外科のクリニックでの対応が難しい場合は、大学病院への紹介となります。

大学病院での抜歯

■親知らずを大学病院で抜く場合

親知らずを抜くために大学病院へ紹介される方も多く、一般的な歯科や口腔外科では抜くことのできない抜歯が対象となります。骨を削る量が多い場合や、神経にダメージを与えるリスクがある場合など、難易度の高い抜歯は大学病院で行います。

大学病院では、CTによって歯と神経の位置関係を事前に確かめてから抜歯を行います。大学病院で抜く親知らずには主に次のようなものがあります。

・複数の親知らずを同時に抜く場合
・歯茎や骨の奥深くに親知らずが埋まっている場合
・親知らずが顎の神経の近くに埋まっている場合
・血が止まりにくい病気がある場合

顎 神経

■入院して抜歯するメリット

大がかりな抜歯で、全身麻酔が必要なときには入院する必要があります。全身麻酔や入院のためには、基本的な検査(血液検査、心電図、尿検査など)を行う必要があり、抜歯に関わる手続きが多くなります。

入院して親知らずを抜くメリットとしては、一度に複数の親知らずを抜けるので抜歯が一回で済むこと、全身麻酔によって手術中の痛みを感じずに済むことが挙げられます。全身麻酔であれば、麻酔薬で眠っている間に抜歯が行われることになるのです。

■入院期間

親知らずを抜歯する場合、基本的に入院期間は1泊2日と言われていますが、抜歯する歯の状態によっては長引くことがあります。また、病院によって抜歯術を行う曜日が固定されており、検査や体調管理のために前日から入院しなければいけないと規定されていることもあります。

術後は柔らかいものしか食べることができませんが、入院中はおかゆなどの食事の提供や、痛みに応じて薬の調整も行ってくれるため非常に安心です。

佐賀市 痛くない歯医者 池田歯科医院