佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

世界水準の歯科治療をあなたに 歯をなるだけ削らず残すMI治療をしています。

Pocket
LINEで送る

MI治療とは

MI治療」って耳慣れない言葉ですよね。

最近歯医者に通っている方でも、ほとんど聞かれたことはないと思います。
どんなに歯ブラシをしていても、虫歯になってしまったら歯を削る必要があります。

また、重度の歯周病になってしまったら炎症組織を外科手術的に取り除く必要があります。

そこで登場するのが「MI」です。
Minimum Interventionという英語の略で、
日本語に訳すと「最小限の侵襲」ということになります。

治療法というよりは体の組織に対して、なるべく保存しようとする考え方の1つと思っていただければ良いでしょう。大きく考えればすべての歯科治療に当てはまると思います。

つまり、なるだけ歯を削らない治療、歯を残すための治療のことです。
今までの治療では、虫歯になってしまった歯を削り、詰め、神経をとって、かぶせて、抜いて、つないで被せて、それがダメになったら入れ歯という悪い流れに乗ってしまっていました。
そして、歯科医院で治療を行えば、行うほど、歯が抜けるという悪循環につながってしまうのです。

これからの治療は、いままでなら歯を大きく削っていたものをほとんど削らずに接着していく、両隣の歯を削ってブリッジにしていたものを、インプラント治療で治していく、歯を削って被せて歯並びを治していたものを矯正治療で歯を削らずに治していく、骨や歯茎が減ってしまったものを再生治療で増やしていく。
歯を削ったり、神経をとったり、抜いたりすることを、極力抑えていくことにより、歯へのダメージを極力減らし、歯が喪失するのを防いでいくのです。

つまり、削っていくマイナスの治療から、足していくプラスの治療への転換です。

予防歯科治療、矯正治療、接着治療、再生治療、インプラントなどの治療は、全てマイナスの治療ではなく、プラスの治療なのです。

MI治療のメリット・デメリットは?

MI治療:長所

  1. 歯を削る量が少なくてすむので、自分の歯を守ることができます。
  2. 歯の神経を取ることが少なくなります。
  3. 歯周病手術を行うことが少なくなり、必要以上の歯肉をとらずにすむので歯ぐきがやせにくくなります。
  4. 麻酔をすることが少なくなるので患者さんの負担が少なくなります。
  5. 必要以上に組織を傷つけないので治療中の痛みが最小限に抑えられます。

MI治療:短所

  1. 神経を残すので、治療後、まれに回復しきれなかった神経に痛みが出ることがあります。
  2. 虫歯菌のいない柔らかい歯の質を残すので、従来の方法より歯の詰め物の接着性が弱くなることがあります。
  3. 歯周病手術を行わないために治療回数が増えることがあります。
  4. 麻酔を行わない時はまれに少し痛みが伴うことがあります。
MI治療と通常治療の違いは?
写真:MI治療対象部分 通常の歯科治療では、虫歯があると予防のために虫歯になりやすい健康な部分も含めて削ったり、神経に近くて痛みが出る可能性のある歯は神経を取る治療を行います。
これは1度治療した歯が虫歯になったり、痛みが出たり、詰め物が外れたりするトラブルを避けるために行うものです。優れた治療法であるMI治療があまり浸透していないのは、歯医者にとって利益が少なく、時間や治療回数もかかり、誰にでもできるような簡単な治療というわけではないためだと思います。

 

そのためMI治療をやりたがらない歯医者さんも多いのも事実です。
MI治療では虫歯の質でも再発の可能性のないところ(虫歯菌のいない歯質)は残します。(図の青色点線部分)
そのために詰め物の接着性の弱いところに詰めるため詰めたものが取れたり、神経の免疫力や回復力が十分働かなくて痛みが出たりすることもあるので、患者さんの理解が必要不可欠なのです。本来のMI治療とは生体の持つ自然治癒力を期待する治療です

写真:MI治療術式

 

◆極力削らないで虫歯を治すMI治療

虫歯は、一昔前は大きめに削っていました。それを、極力削らないで治す方法です。
削る量を最小限にするから痛みが少ない、一日で治療が終わる、白い詰め物だから見た目が自然でキレイ、詰め物に金属を使わないので金属アレルギーのリスクを抑えられる、というメリットがあります。

佐賀市 池田歯科医院