佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

三又神経痛、顔面神経痛の治療法について

Pocket
LINEで送る

顔の痛みの治療について、慢性疼痛学会出席のため、横浜に行って勉強し知識をアップデートしてきました。
慢性疼痛学会は慢性疼痛に関連する医師、歯科医師、鍼灸師などで構成される学会です。

歯科は診察する口腔・顔面領域が耳鼻科や脳神経外科と共有されますので、彼らとの学問的交流は非常に大きな意味を持ちます。
学会の発表や講演の内容で特に気になったのが顔の痛みの治療法で三又神経痛、顔面神経麻痺、顔面神経痛。特に三叉神経痛に対しての神経減圧術についてです。

image

三叉神経痛とは、ものを噛んだり、喋ったりすると下顎から頬に激痛が走る。あるいは冷たい風にあたったり顔をさわると、顔面周囲などに限局して激しい痛みが走るなどの症状です。

このとき歯茎にも激しい症状が出現することから、最初に歯科にかかる患者さんが多くいます。

さまざまな原因がありますが、ここで注意したいのは、その痛みの原因は歯ではないということです。

神経系は脳中枢から末梢に至りますが、三叉神経(顔の感覚を伝える神経)が、脳からの出口で血管に圧迫されて三叉神経痛が起こることがあります。
診断はMRIなどが必要になりますが、脳外科領域の手術が必要になることもあります。
実際、大学病院勤務時代に歯痛の疑いが精査の結果、脳腫瘍であった症例もありました。
勿論、痛みがある場合は普通なら、虫歯によるケースの方が圧倒的に多くありますので、症状がある場合は早めの受診をお勧めいたします。

佐賀で、顔面神経痛や三又神経痛、顔面神経麻痺でお悩みでしたら、池田歯科医院で診療を行っております。

お気軽にご相談下さい。