佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

歯周病の治療について詳しくご紹介します。

Pocket
LINEで送る

♦歯周病はおとなの80%以上がかかっているともいわれます。
about_02-300x200
歯周病の症状を訴えて当院に来院される方は、全体の3割ほどいらっしゃいますが、
自覚症状がなく、来院されて初めて歯周病が発見される患者さまを含めると、8割の患者さまが歯周病をかかえていらっしゃいます。歯周病は歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、やがて歯の根元の歯槽骨を溶かして歯が抜けてしまう細菌感染症です。
はじめは自覚症状がなく進行し、
徐々に歯がぐらぐらする、歯ぐきが腫れる、血が出る、口臭がする、といった症状が出てきます。

歯を失う最大の原因は歯周病です。
また、近年、歯周病は糖尿病や心臓疾患と因果関係があることがわかってきました。
特に糖尿病や心臓疾患を抱える方は、
日本歯周病の専門的治療を行える歯科でしっかりと治療することが大切です。

当院は歯周病治療のエキスパートです。

IMG_5233
歯周病治療の最先端であるスウェーデンのイェテボリ大学歯周病科のメソッドを学んだ歯科医師がおります。

また、歯科医、衛生士など全スタッフで知識・技術の向上にもつとめてます。
歯周病治療の基本は歯の1本1本を、歯周病にかかっていないかを精密に検査していきます。
歯周病の検査には、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットの深さを測定していきますが、普通は1本の歯につき1カ所のみを測定することになっています。

当院では見逃しがないよう、丁寧かつ慎重に丁寧に測定しています。
治療の最大の特徴は、超音波スケーラーという歯石除去の機器を使用することで、歯や歯ぐきへのダメージが従来の1/10に抑えられること。

これまで、歯石は先の尖ったスケーラーでガリガリと削るようにして除去されてきました。
そのため、歯ぐきから出血したり、歯の表面が傷ついたりしてそこからむし歯になってしまうことも少なくなかったのです。
超音波スケーラーは出血も痛みもほとんどなく、歯や歯ぐきにダメージを与えずに1回につき15~20分ほどで歯石を除去することができます。

歯周病が進行すると、歯肉が炎症を起こして歯がぐらついていきます。
炎症がひどくなってしまった箇所は、最先端レーザーを使用して歯肉を切除する外科的措置をとり、歯のぐらつきが激しいところは、しっかりと噛めるように固定する措置をしていきます。

これらの治療はすべて健康保険でおこなっており、自費治療の料金をいただくことはありません。