佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

歯周病と関節リウマチは相関を示し、歯周病をもつ関節痛患者はリスクが2.7倍-京大研究所発表

Pocket
LINEで送る

♦関節リウマチ発症につながると解明された、歯周病の細菌

about_02-300x200
京都大学は、歯周病の罹患が関節リウマチの発症に影響を与えることを示したと発表しました。

この研究は、同大医学部附属病院リウマチセンター、医学部附属病院の別所和久教授を中心とする共同研究グループによるもの。
今回の発表は、2つの成果に関するもので、研究成果は、英文誌「Journal of Autoimmunity」電子版(3月26日付け)と、英文誌「PLOS ONE」電子版(4月7日付け)に、それぞれ掲載されています。

関節リウマチ患者の約8割の血液中には、抗CCP抗体という、シトルリン化反応を経たタンパクを認識する抗体が検出されが、この抗体はしばしば関節リウマチの発症に先立って検出されることが分かっている。

また、歯周病菌の一種であるポルフィロモナス・ジンジバリス菌が、現在知られている中で唯一、シトルリン化を起こす酵素を産生する細菌であることが報告されていた。

そのため、歯周病の罹患が、この歯周病菌の持つシトルリン化酵素による過剰なシトルリン化を介して、関節リウマチの発症に先立って検出される抗CCP抗体の産生を引き起こし、関節リウマチの発症につながっているのではないかと考えられていました。

関節リウマチを発症していない健常人でも抗CCP抗体の産生を確認
そこで研究グループは、約1万人の健常人を対象とした疫学調査のデータを用い、参加者の内、関節リウマチおよび膠原病である参加者を除いて、解析を実施。

その結果、健常人の約1.7%に、関節リウマチを発症していないにもかかわらず抗CCP抗体の産生が確認され、この抗体の有無や力価と歯周病の臨床評価の指数とが有意に相関することを見出した。

一方、代表的な関節リウマチのマーカーであるリウマトイド因子との相関はみられなかったという。

さらに、京大病院リウマチセンターを未治療、未診断で受診した72名の関節痛患者の歯周病状態を評価。

それらの患者がその後関節リウマチを発症するか、2年間の追跡調査を行った。

その結果、初診時に歯周病をもつ関節痛患者は、歯周病をもたない患者に比較して、その後関節リウマチと診断され、抗リウマチ治療を開始されるリスクが約2.7倍高くなることを見出した。

ポルフィロモナス菌の保菌との相関はみられず、臨床的に歯周病に罹患していることが重要と考えられるとしている。

関節リウマチを治すには、歯周病の治療とお口のケアをする事が大切なんですね。

関節リウマチ でお悩みの方は佐賀市、池田歯科医院へ歯周病治療のご相談下さい。