佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

歯周病のリスクについて

Pocket
LINEで送る

厚生労働省の調査によると、なんと日本人の30歳以上の約8割が歯周病(歯槽膿漏)にかかっているといわれています。

また、歯を失う原因の4割が歯周病だともいわれています。

にもかかわらず、自分が歯周病だと思っておらず、定期検診をしなかったりどこにも相談できずに気づけば悪化してしまい、取り返しがつかなくなって歯グキが痩せて歯がグラグラしてきます…。

歯周病が糖尿病、高血圧と同じく痛みも違和感もなく進行する「沈黙の病気(Silent Killer)」と呼ばれる理由です。

しかも、心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなったり、糖尿病を悪化させたり、早産になってしまったりする危険性もある、実は恐ろしい病気なのです。

なので、「もっと早く来ていてくれたら…」と思ったことは一度や二度どころか、数え切れません。

さらに問題なのは、歯周病は症状や悩みが多岐にわたり、放って置くと歯が痩せて抜け落ちてしまうということです。

歯を失うことが人生のリスクである事は皆さん理解されてると思いますが、歯周病については、いろいろと試しているのに治らない…ということも多いです。

自己流で予防しようとしても歯の内部や歯槽骨の状態がどうなっているのかは当然わかりません。
そのため、レントゲンを撮って判定する必要があるのです。

このような現状を踏まえ、歯周病で悩む方や今後の大きなリスクを抱える方をお一人でも減らしたいという背景から、当院ではかなり力を入れている分野です。

「歯周病かどうかわからないけど…不安」という方は、遠慮せず、ぜひ相談していただきたいと思っています。

日本人の8割が歯周病だとすれば、そうでない確立のほうが低いのですから。

当院では、プラークコントロール(歯垢の除去)や歯石の除去、
歯の根の面の滑択化、歯の咬み合わせの調整などの基本治療だけでなく、漢方や最新レーザーなど抜かない治療法を行っていますので、きっと安心していただけると思います。