佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

妊娠中の歯科治療について

Pocket
LINEで送る

赤ちゃんにカルシウムを取られるから赤ちゃんを産んだら歯が弱くなる。

出産を経験する上では仕方が無い事とあきらめていませんか?

佐賀市、新栄の池田歯科医院のマタニティー 歯科の外来では赤ちゃんを産んでも健康な歯を維持するための専門外来を設けています。

赤ちゃんの虫歯をゼロにするために、マタニティー 歯科の外来では妊娠前も含め、妊娠中におけるお母様のお口と歯のケア、そして産まれてくるお子さんの虫歯をゼロにする為にサポートして参ります。

また、妊娠中の歯科治療に不安をお持ちの方も多いかと思われますが、マタニティー 歯科の当院は女性スタッフが多く出産、子育ての経験豊富な衛生士が親切に付き添うクリニックですので、お尋ねになりたいことがございましたらご遠慮なくお申し付け下さい。

妊娠中の歯科受診

マタニティー 歯科の当院では、妊娠前・妊娠初期から後期にかけて、それぞれの状態に配慮した対応を致しております。

初診の際には、お口の中の状態をチェックさせていただきます。特に歯周病や虫歯がある場合はお腹の赤ちゃんへの影響もありますので、入念に検査・早期対応を致します。
産まれてくる赤ちゃんの為にも歯科的な正しい知識と治療・ケアは大変重要な事です。妊娠中は治療や服用するお薬も制限がありますが、可能な範囲内で対処させていただきます。

出産回数と歯周病

研究データにおいても、出産回数が増えると母親の健全歯が減少して、歯周病が悪化するという報告がされています。

では、どうしてなのでしょうか?

健全歯の減少:虫歯は虫歯菌が砂糖を餌にして出した「酸」が歯を溶かす事によって起こります。
つわりなどで嘔吐すると・・・お口の中は酸性に傾いてしまいます。
歯磨きをすることができなくなる方も少なくはありません。つまり、常にお口の中が酸性の状態になっていて歯が溶けやすい状態になってしまうのです。「妊娠したら歯が弱くなった・・・」というのはこういった理由からであり、決して赤ちゃんにカルシウムをとられるからでは無いのです。
お口の中が酸性状態に傾いてしまうと歯のミネラル成分が失われてしまい、歯が脆くなってしまうということです。

歯周病の悪化:歯周病の菌は女性ホルモンが大好きです。妊娠すると女性ホルモンの変化によって歯周病菌が活発に活動するようになって、歯周病が悪化してしまいます。歯周病が無い方でも歯肉が腫れやすくなってしまいます。また歯周病は早産の原因にもなるというデータも出ています。妊娠によって歯周病が悪化し、しかもその歯周病が早産の原因になってしまう・・・とてもコワイことですよね。
産まれてくる赤ちゃんの為にも、お母様がご自分のお口と歯の状態をしっかりと把握し、信頼できる歯科医師の基で正しい知識とともにお口の中のケアをしていくことが大切です。

最後に、母親は家族の健康を守る中心であると思いますし、妊娠中のお口の健康状態、
衛生状態を気を付ける意識を高めておくと、生まれてくる子供や家族のお口の健康を育むことにつながります。
これから育児で多忙を極める日々が続き大変だと思いますが、
できるかぎり健康のお手伝いをさせていただきます。