佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

予防歯科とは? メンテナンスの重要性

Pocket
LINEで送る

image

歯科医療における最高の治療は一体何なのでしょうか?
ピカピカのセラミックの歯を入れる事でしょうか。
それとも歯が喪失した部位にインプラント手術を行う事でしょうか。
いずれの治療にも共通して言える事は、
「お口の中に問題が起きてから行う後手後手の治療」であるという事実です。
先進的な世界水準の歯科医療には『予防』というかなりの確立で口腔内の疾患を発症させない方法が
あるにも関わらず、なぜか日本の歯科医療には十分に定着していないのです。
池田歯科医院では、1970年代の開院当初から予防の重要性、メンテナンス目的で通院する必要性を情報発信し続けてきました。
半年に一度の定期検診を継続すると、歯の治療費のみならず生涯の医療費も安く済む事が知られています。

虫歯の病因(虫歯になる原因)がより明らかになった今、世界水準のリスク分析を行い、
それに基づいたあなた自身に合った「予防治療」で健康な生活をおくりましょう。
治療は予防に失敗した後始末です。池田歯科医院は本気で予防歯科を考えている歯科医院です。
歯医者に行くのに「穴が空いて行く」「痛くなっていく」という考えから歯を減らさないために行く」「ずーっと健康でいるために行く」という発想の転換をしてみませんか?

「治療」と言う言葉は、聞こえはいいですが歯科においては「自分の体の一部を削って破壊し、人工物で埋める」ということに他なりません。

つまり治療だけで歯科医院に通院するという事は、通院の度に自分の体の一部を失い続けることになります。口腔内には多くのむし歯菌、歯周病菌が住んでいて、それらが活動しやすい環境(磨き残しが多い、間食が多いなど)ではいくら「いい治療」を受けても数年後にはその病気は再発し、治療を繰り返します。そのような悪循環で歯を失っていくから当院では予防歯科を推奨しているのです。