佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

知覚過敏症、歯が溶ける!酸蝕歯を知っていますか?

Pocket
LINEで送る

知覚過敏症、歯が溶ける!酸蝕歯を知っていますか?

image

佐賀市新栄の痛くない歯医者

りんごのマークの池田歯科です。

みなさんは「酸蝕歯(さんしょくし)」という言葉を聞いたことはありますか。むし歯菌の出す酸が歯を溶かす、ということはよく知られています。

むし歯菌がなくても、身近で口にしている酸の食べ物や飲み物が歯を溶かす、ということはご存知ですか?

むし歯・歯周病に継ぐ第3の口腔疾患のひとつとして世界的に注目され、増加しつつある酸蝕歯について特集致しました。

酸蝕とは、文字通り酸により蝕まれる状態のことをいい、その状態になった歯を酸蝕歯といいます。通常人の歯は、歯のミネラル成分が溶け出す「脱灰」と、唾液に含まれるカルシウムなどがそれを修復する「再石灰化」を繰り返しています。飲食物に含まれる酸が脱灰を起こし、再石灰のサイクルのバランスが崩れミネラル分が溶け出した状態が続くのが酸蝕歯のしくみです。酸の影響を過剰に受けることにより、酸が歯の表層のエナメル質を溶かしだし、やがて歯のつやが消失し、すり減ったり、薄くなったり、穴があいたりしてしまうのです。むし歯との違いは細菌が関与していないということです。

酸蝕歯の原因
では、どのようなことが原因で酸蝕歯になってしまうのでしょうか。酸蝕歯の原因には内因性と外因性があります。

◆内因性の酸蝕
身体の内部から生じる酸が原因となります。内因性の病因として、塩酸からなる胃液が関連しており、反復性嘔吐、胃酸の逆流、食物の反芻癖などがあります。
通常、胃液が口腔内に逆流することはないですが、疾患、薬物、アルコールなどの作用により、口腔内に逆流します。pH1.0~2.0の強酸性である胃液が口腔内に逆流することにより、歯は簡単に溶けてしまいます。

◆外因性の酸蝕
身体の外から摂取する飲食物や薬剤が原因となります。酸蝕歯の可能性の高い飲食物とは炭酸飲料、柑橘類、サラダドレッシング、酢漬けの食品、梅酒、ワインなどです。強い酸を含む飲食物を毎日、頻繁に摂取する習慣があると、酸と歯が接触する時間が長くなり酸蝕のリスクが高まります。最近は健康意識が高まり、クエン酸や黒酢ドリンクを毎日摂る人も増えており、身体には良くても歯には悪いということもあるので注意が必要です。
その他にビタミン剤やアスピリン、鉄剤などの酸性の薬剤などが酸蝕を引き起こす可能性があると言われています。

身近にある酸性の飲食物、習慣的に摂取していないかチェックしてみましょう!
酸性・アルカリ性を示すpH値は、7が中性です。数字が7より小さいと酸性、大きいとアルカリ性になります。歯の表面のエナメル質は、5.5以下の酸性の飲食物に触れることで、軟化し溶けてしまうのです。

実は私たちがおいしいと感じるものはほとんど酸性なのです。中性は味がなく、アルカリ性は苦いのです。東京医科歯科大学の北迫勇一先生らの研究によると市販の飲料の73%が歯を溶かす以上の酸性を示したそうです。カラダによいとされているものが、実は歯には悪い。きっとびっくりしてしまった方も多いのではないでしょうか?実は最近の健康や美容志向の高まりとともに、歯をしっかりみがいているのに、歯がしみると訴える方が急増しております。そのような方は酸蝕歯の可能性を疑ってみてください。

酸蝕歯の主な症状をあげてみます。もしかすると、むし歯かと思っていたら、実は酸蝕歯だったなんてことも十分にありえます。ぜひ一度チェックしてみましょう。
<これらの症状がある方は要注意!>
●歯がしみる
●歯の噛み合わせの山の部分が平になっている。ヘコむ
●前歯の先端が欠ける
●歯の厚みが薄くなる
●歯が細くなる
●つめものと歯の間に隙間ができてくる
●歯のつやがなくなる
●歯の色が黄色くなる
●つめものが変色したり、修復物との境が茶色や黒くなったりする
●いくら歯ブラシをしてもむし歯ができる
※あてはまる数が多いほど酸蝕歯の可能性が高くなります。
酸蝕歯治療法

酸蝕歯予防が第一であるため、原因と思われる物を口に入れる習慣を止めるか減らすべきです。酸が原因の場合は原因疾患の治療と胃酸が口に出てきた場合はまずは水でうがいをして、さらに牛乳などを口に含み酸性度を減らせます。
はが減ってしまったり、薄くなった歯はどう治療するのでしょうか?それは歯を削らずに治せるコンポジットレジン(CR)による接着修復が最も良い方法です。
溶けたりへったりした歯をさらに削ることはしないで、CRを用いて修復すると、最小限の回数で審美性と機能を回復できますのでご気軽に相談、来院下さい。