佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

ドライマウス (口が渇く、口腔乾燥症)の治療について

Pocket
LINEで送る

あなたは大丈夫?ドライマウス
m20110817
最近、やたらと口が渇く、うちの中がネバネバする、会話がしにくい、食べ物が飲み込みにくい、舌に痛みがある、口臭が気になる、食べ物の味がよくわからないなどの症状でお悩みの方はいませんか?このような症状は、ドライマウスかもしれません。

♦口腔乾燥症(ドライマウス)

唾液の分泌が低下して、口が乾いた状態のことをさします。
広い意味での口腔乾燥症は、唾液分泌の低下だけでなく、口が乾いていると自覚する症状すべてをさすことになります。
軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリする、虫歯、歯周病になりやすく、歯垢の増加、口臭も強くなります。
重度になると、唾液分泌量が低下し口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みで摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れ、場合によっては不眠をきたすこともあります。
平均的な唾液の分泌量は、一日あたり約1~1.5リットルで、口の中の唾液腺から湧き出し、口の中の食べかすを、
消化器官へと、洗い流してくれています。
また唾液には抗菌作用があり、口の雑菌の繁殖を防いでくれています。
そのため、唾液が不足して口が乾くと、う蝕や歯周病にかかりやすくなり、また、口臭の原因にもなってしまうのです。
年齢が高齢化するにつれて、唾液の分泌量が低下する事により、口の乾燥がひどくなることもあります。

現在ドライマウスの症状を訴える人は増え続けており、その人口は800万人とも言われています。

 「おかしいな」と感じたら、できるだけ早めにご来院ください。

♦原因

薬の副作用(抗うつ剤、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があります)」
糖尿病」、
シェーグレン症候群 (唾液腺、涙腺などの外分泌腺が萎縮し、口と目が乾燥する自己免疫疾患で女性に多い)」、
年齢的なもの」(更年期障害とともに口や顎の筋力が低下や萎縮がおこり唾液の分泌量が低下します) 、
ストレス」(ストレスがかかったり緊張をすると交感神経が刺激され、唾液の分泌が抑制されます) 、
口呼吸」(鼻炎などの鼻疾患や癖などで口で呼吸をすれば唾液は蒸発してしまい口が渇きます)

002

 治療としては、生活指導,対症療法が中心
となります。

保湿性薬剤、保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、スプレーによる噴霧、夜間の乾燥を防ぐ保湿用マウスピース
などを症状に応じて処方、治療します。
積極的に水分を補給するように心がけるのも、有効な方法です。

♦口の乾きを防ぐ日常生活のポイント

口の乾きを感じたら、口の中を清潔に保ち、湿潤に気をつけましょう。
また、ストレスをためないよう軽めでも良いので体を動かしたり運動し、
普段の生活習慣を見直して、ドライマウスにならないよう予防に心がけましょう。

口腔内を湿潤させ、口腔内を清潔に保つ
保湿剤配合の飴やガムを噛んだり、保湿剤配合のマウスウォッシュ(デンタルリンス)を使うと効果的です。
ただし、むし歯にならないようシュガーレスやキシリトール配合のものを選びましょう。
また、部屋の湿度に注意し、寝る前はマスクをかけるなどしましょう。
毎日の食生活を正す
普段から食事のときは、よく噛み咀嚼回数を増やすことを心がけましょう。
また、酸味のある食べもので口の中を刺激するなども効果的です。
生活習慣を正す
お酒はほどほどにする。タバコをやめる。など日ごろの生活習慣の改善を心がけましょう。
ストレスをためない生活
精神的に緊張すると、それだけでも唾液は出なくなります。気持ちをリラックスさせることも大切です。
また、軽い運動も効果的です。

あなたは当てはまる項目がいくつありますか?下記の表でチェックしてみましょう。
当てはまる数が多いほど、ドライマウスの可能性が高いです。

ドライマウス(口腔乾燥症)のチェック
1 口の乾きが1ヶ月以上毎日続いている
2 口がパサパサする。
3 乾いた食べ物を飲み込む際にしばしば水を飲む
4 日中水をよく飲む
5 夜間にのどが乾く
6 乾いた食品が噛みにくい
7 食べ物が飲み込みにくい
8 口の中がネバネバする
9 しゃべりにくくなった。
10 口臭がありそう。
11 入れ歯をしていると傷つきやすい

♦唾液は歯の健康を守る働きもしています。

唾液が消化のために大事な役割を担っていることは、よく知られています。

最近、唾液の研究が進み、消化以外にも様々な働きをしていることが明らかになってきました。虫歯や歯周病から歯の健康を守る働きもそのうちの一つです。

反対に緩衝能のよくない方は、酸の働きが持続されて、時間と共に歯が溶かされて虫歯になってしまいます。

口腔内で虫歯にかかりやすい場所、かかりにくい場所があります。かかりやすい場所は 唾液の流れが悪く、唾液の能力が発揮できにくい場所と一致しています。唾液が口の中で隅々まで流れていることが口の中の健康を保つ秘訣なのです。

当院では、虫歯にかかる原因を調査、そこから新しい予防方法を提案し、歯の健康を守る 虫歯予防治療学(=カリオロジー)の概念の下、積極的に唾液検査を薦めています。

唾液分泌量や緩衝能が低下している方は、それを回復する能力を高めるあるいは、手助けしていくことが、歯を削って詰めて直す虫歯治療学より重要です。

スウェーデンなどの北欧の歯科先進国では、カリオロジーの考えの下、基礎的な研究を十分に行ったうえで虫歯予防対策を徹底し虫歯の罹患率を驚く程に低下させました。
日本の虫歯予防治療もそろそろ新しい局面を迎え、より科学的な検査の下での虫歯治療を行い、医療効果を高めるべきなのです。

唾液検査の必要性
浄化作用、緩衝作用、抗菌作用、再石灰化作用など、唾液には様々の効果があります。唾液の検査を行なうことで、口腔内細菌の検出だけでなく患者さん固有の唾液の性質に関する様々な情報が得られることにより、う蝕リスクの程度を知ることができます。
その結果、う蝕予防プログラムの作成、予防処置効果の検証など、一歩進んだ幅広い歯科医療が可能となります。

治療、相談に関しては健康保険適応できますので、ご気軽にお問い合わせ下さい。