佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

再発しにくい根管治療について

Pocket
LINEで送る

再発しにくい根管治療について
1609805_284415221683283_6019599968443807642_n
池田歯科医院が根管治療に力を入れている理由を今回
詳しくご紹介していきます。
歯の根っこの治療が何故大切なのかと言うと、
① 再治療になると、被せ物から1からやり直しになる。…
② 土台の治療が不十分なまま、被せ物を作るべきではない.
③ 可能な限り歯を残し、歯を削ったり、抜きたくない。
根管治療は、細菌を減らす事で、身体の治癒力を引き出す治療方法なので、治療中に唾液が
入ってしまうと再び菌が増殖してしまい、治らない、もしくは再発の原因になってしまいます.
それを防止する為に、根っこの中に出来る限り細菌を入れないで治療するよう、
細心の配慮しながら治療する事にこだわり、診療している事が当院の1番の特徴です。
10250173_284415225016616_8687099333713131079_n
根管治療に力を入れているクリニックとは?
患者様にとって、根管治療は歯科治療の中でも、治療中 何をやっているか、
治療がうまくいったのか、ご自分では 目に見えないため、きちんと説明を受けなければ、非常にわかりにくい治療だと思います。
しかし、根管治療は歯の寿命を直接左右する、とても重要な治療のため、治療を受けられる際は、事前にホームページやお電話等でよく調べ、是非、根管治療に熱心に取り組んでいる
歯科医院にかかっていただきたいと思います.

以下に根管治療を熱心に取り組んでいる歯科医院を選ぶポイントをまとめましたので、ご参考にして下さい。
①事前に、治療を行う歯の状態や治療法について説明してくれる.
②レントゲンをきちんと撮る.
③感染対策、滅菌消毒に力を入れている.
④治療の際に防湿、感染対策を行っている.
⑤1回の治療時間が、余裕をもって確保されている.
以上述べてきたように、根っこ治療は非常に複雑な治療である上に、治療の精度を上げるためには下準備が毎回必要です. そのため1回の治療にある程度の時間が必要になります.
10273970_284415228349949_1584800583981994969_n
 
根っこの中の細菌除去が不十分なまま、最終的な詰め物をし、その上に被せ物をセットしてしまうと、根っこの中で取り残された細菌が後々増殖してトラブルが起き、再治療が必要になります.
その場合、根っこの上にどんなにいい被せ物が入っていたとしても、その土台が
細菌感染を起こしているため、せっかく作った被せ物まで作り直すことになります.
また、根管治療は、たとえマイクロスコープ(拡大鏡)を用いた精度の高い治療であっても、
再治療の度に少なからず歯質を削るため、歯は薄くなり、歯の強度も下がってしまいます。
最初の根っこの治療が、いかによい精度で行われるかが非常に重要で、
それにより歯の寿命も大きく変わってくるのです。
治るのが難しい歯を残す事が池田歯科医院の使命であり、本分と考えており、
歯医者冥利につきる瞬間です。
1 妥協しない、丁寧で確実な治療の実践
2 一人ひとりにあった負担の少ない、治療計画のご提案
3 治療よりも予防に重点をおいた診療(予防型歯科医院)
4 万全のアフターケアで、再発の徹底予防
5 分かりやすい説明で納得したうえでの治療
信頼と実績を積み重ね、常に謙虚な姿勢で診療していきます。