佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

根の治療

Pocket
LINEで送る

再発しにくい根の精密治療

虫歯が歯の神経(歯髄)まで感染してしまっている場合、歯髄の入っていた管(根管)から歯髄を除去し、根管内を無菌状態にしたうえで、薬を詰める治療を行います。これを「根管治療」といいます。
また、既に根管治療が行ってあっても、根管内に細菌が入ったり、根の生命力が弱ると根管内で細菌が繁殖し、歯の根の先端周囲に膿ができる根尖病巣と呼ばれる感染症が発症する場合があります。このような場合には、再度根管治療を行う必要が出てきます。

root_img01
数年前に歯が痛くなり神経を取って治療した歯なのに、化膿して痛くなり、浮いたような感じになり、噛んだ時に違和感が出た経験はありませんか。最悪の場合は顔が著しく腫れ、抜歯を余儀なくされる場合もあります。

どうして治療した根が再び膿んでしまうのでしょうか。

根管治療は、歯科治療の中でも非常に難しい分野ですそれは、根管がそれぞれの歯ごとに複雑な形態をしており、根管内を肉眼で確認しながら作業することが困難だからです。そのため、根管治療は、他の治療以上に歯科医師の技術や治療にかける時間や手間で結果に差が出る治療になっています。根管治療は歯の治療の基礎であり、どんなに綺麗な歯を被せても、適切な根管治療がされていない歯は長くもちません。根管治療がしっかりされていないと、後々に根尖性歯周炎になり、根の先端が化膿したり、痛みがでるからです。

根管治療は、一般的には再治療になるケースが多く、最終的に抜歯につながることも多い病気です。それは、保険診療による時間的な制約にも原因の一部があります。また何度も通院し、永遠に根管治療が終了しないなどという話も耳にします。

結局、根管治療は、根管内を無菌的に治療することに尽きるのです。

当院では、完治するまで責任を持って治療に当たっています。

 

根の治療の重要性

SURGERY1

根管治療は、歯科治療においてとても重要な治療です。
たとえば、マイホームを建てるとき、基礎工事がしっかりしていなければ、せっかくの建物もいずれ倒壊してしまいますよね。歯も同様で、適切な根管治療がされていない歯に銀歯や白いセラミックを入れても、後々根の中に膿(感染物質)がたまってきたり、根のまわりに炎症が起こったりして、せっかく装着したかぶせ物を外して再治療が必要となる場合があります。最悪の場合、歯を抜かなければならなくなるかもしれません。
そのような事態をさけるため、歯髄(歯の神経)を除去する際や根の治療には、将来的に病変ができないように、また、すでに病変ができてしまっている歯であれば、その病変を治すために、丁寧に適切な根管治療を行う必要があります。
このように、根管治療は歯科治療の基礎となる重要なものです
適切な根管治療はその歯の寿命を決定付ける、大切な治療なのです。

根尖性歯周炎とは

根を経由した細菌や、物理刺激が根の先端を経て根の先端周囲組織に波及して膿が発生します。慢性化しているものが多く、時に急性化します。レントゲンで根の先付近に黒い影ができたり、歯茎が腫れたりするようであれば、根尖性歯周炎の可能性があります。

根尖性歯周炎の原因

 

物理的刺激、化学的刺激、細菌感染の3つです。

♦物理的刺激
外傷性咬合、根管治療器具の突き出し
♦化学的刺激
歯髄失活剤、根管充填剤、歯髄変性由来のタンパク質、サイトカインなどの炎症メディエーター
♦細菌性感染
虫歯または歯周病→歯髄壊死→歯髄壊疽 の経路での細菌伝播
根管治療時における感染歯質の押し出し、不適切な仮封による細菌感染

 

♦根の治療の種類

治療① 抜髄(ばつずい)治療

むし歯が悪化して神経に達していたり、なんらかの理由によって神経が死んでしまったりした場合に行う治療です。感染した根管内の神経や血管を取り除き、根管内をきれいに洗浄・消毒します。その後、根管にすき間なく薬剤を詰めることで歯の機能を回復します。

治療② 感染根管治療

根管の奥深くで炎症が起きている場合や以前に受けた根管治療が不完全であったために、顎の骨に異常が起きてしまった場合などに行う、根の再治療です。歯の根の先端に膿の袋ができてしまう「根尖病巣」が見られる場合などには、根管治療が必要になります。
以前の治療で詰めた薬を除去してから洗浄・消毒などを行うため、より難しい治療になり、一般的な処置で対応できない場合には、外科的処置を用いることもあります。

治療③ 外科的根管治療

_jpg

感染根管治療で根尖病巣が小さくならなかった場合に、問題のある根の先の部分を切除し、歯の先の部分から根の治療を行います。
外科的な治療では、原因を除去できるかどうかが最大のポイントになりますので、 治療としては難易度の高いものになりますが、冠をはずしたり、土台をはずしたりする必要が ありませんので、全体の治療費は安くなります
特に土台が深く入っているような歯牙の場合では、土台をはずすことが困難な場合があり 外科的なアプローチが選択される場合もありますが、成功率が若干異なります。

 

当院はレーザーによる根管治療を行って

います