佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

セラミックスよくあるご質問

Pocket
LINEで送る

 

セラミックで美しい歯に

「噛めればいいから、銀歯で十分」というのは間違いです。
このページでは、池田歯科がセラミック治療をおすすめする3つの理由をご紹介します。
このページを読んでいるあなたは、「治療するなら、きれいな白い歯にしたいなぁ」と思っていらっしゃいますか?

それとも「むし歯は治療したい。でも、別に歯は白くなくてもいい」と思っていらっしゃいますか?
本来、歯は白いものです。でも、むし歯になって治療すると「銀歯でいい」という人が多いのはどうしてでしょうか?実は「保険で十分」「銀歯でもいい」という考え方はとっても危険なんです。
池田歯科ではそういう方にこそ、白い、セラミックの歯を入れてほしいと思っています。このページでは、当院がセラミック治療をおすすめする理由をお伝えしようと思います。

【セラミック治療をおすすめする理由】白さが違う

セラミック治療をおすすめする理由前歯だと保険治療でも白くできます。しかし、数年経つと劣化し確実に色が変わって、「それ、差し歯だよね」と周りがハッキリと気づくくらいになっていきます。

保険治療の差し歯は、白い部分の材料がプラスチックですから、劣化が進行すると色が変わってきます(カレーを入れたタッパーみたいなものです)。セラミックの歯は、変色もなく、汚れがつきにくい性質があるので、歯周病や虫歯になりにくく、いつまでも白さが保てます。

セラミック治療の例
奥歯は保険治療だと白くできません。

本来、歯は白いものです。奥歯でも口を開けれ銀歯は目立ちます。自分の歯の代わりに入れるものですから、ぜいたくとかではなく、セラミックの歯で、できるだけ自然に近いものをオススメします。

【セラミック治療をおすすめする理由】治療の精度が違う

実は、保険治療とセラミック治療では決定的に違うことがあります。それは治療の精度です。

もちろん、私たちは保険でもセラミックでも、治療の手を抜くことはありません。
しかし、保険では「こういう材料をつかって、このやり方で治療しなさい」と手順まで決まっていて、「もっといい治療をしたいのに…」とあきらめざるを得ないときがあります。
逆にセラミック治療では、私たちと患者さんにとって、思う存分歯科治療の最先端技術と材料を用いてベストの治療ができます。

まず、型どりから材料も工程も違います。この型どりはとても大切です。なぜなら、しっかりとした型がとれないとぴったり合うものが作れないからです。
もし、ぴったり合わない歯を入れたらどうなると思いますか?数年経つと、合わないところから、虫歯になってしまい、また再治療しなければならなくなります。
セラミック治療では、そういうことがないように精度の高い型のとり方をします。

そして、正確な型どりをしたら、セラミック治療専門の歯科技工所でオーダーメイドで手間をかけ、歯を作っていきます。

歯を作る技工所もやはり保険治療とセラミック治療では手間数が違っており治療の精度がかわってくるのです。

銀歯のかぶせもの セラミックのかぶせもの
銀歯のかぶせもの セラミックのかぶせもの

【セラミック治療をおすすめする理由】丈夫で長持ちし、体にもいい。

それでは最後に、もっとも大切なことを2つお伝えしようと思います。

1つ目ですが、実は、銀歯などは口の中で溶けて、金属アレルギーの原因になることもあります。

金属アレルギーであることを気づいていない方も多いですし、今は大丈夫でも、花粉症にように、気づいたらなっていたということもあります。金属アレルギーに苦しんでいる患者さんが来られますが、このように銀歯が体に悪影響を及ぼすことを気にしてないのは日本くらいなもので、ユーロ圏ではこの銀歯の材料は使用禁止になっています。
2つめは、セラミック治療は丈夫で長持ちするということです。単に白さが長持ちするのではありません。セラミックの歯そのものが、保険の歯よりも長持ちするのです。

銀歯などは、先ほど述べたように治療の精度が違い、中の方からむし歯になりやすいです。また、保険の前歯は数年経つと黄色く変色してきたり、欠けて中の金属が見えてきます。5年、10年という長い目で見ると、明らかに違いが出てきます。

【セラミック治療をおすすめする理由】丈夫で長持ちし、体にもいい。
もちろん、「悪くなったらまた治療すればいいや」という考え方もあります。しかし、悪くなってから治療して、歯を削ることを繰り返すと、「もう治療が不可能」という段階が必ずやってきます。ですから、私たちは自分たちの家族を治療するなら、セラミック治療を勧めています。

さて、ここまで読まれて、どう思われたでしょうか? 保険治療とセラミック治療の違いをわかっていただけたでしょうか? 違いは白さだけではありません。歯やお口だけでなく体全体の健康にも関わっているのです。どうか「高いだけのぜいたく品」などと思わないでください。また、わからないことがある場合は、遠慮なくご質問ください。当院では、むりやりにセラミック治療を進めることはありません。十分に患者さんに説明を行って、納得していただいた上で、治療を進めていきますから、ご安心ください。

セラミックの歯ってどんなもの?

セラミックは陶材とも呼ばれ、俗に言う瀬戸物に近い素材です。
変色がなく、本物の歯に近い・ツヤが表現できるという特徴があります。

最近では、金属アレルギーのことを考えて、全く金属を使わずに歯に入れることができる「E―Max」という新しいオールセラミック材料を使っております。
さらに、ジルコニアという金属に相当するほどの強度を持ったセラミックも開発され、金属を一切使わずセラミックだけでかぶせ物やつめ物を作るのが最近では一般的になっています。