佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

つめる治療

Pocket
LINEで送る

 

image♦治療方針

回数:通常は1回(無症状時) しみたり範囲が大きい場合は2回以上

型をとらないので1回の通院で治療できます。
虫歯の程度:軽度。初期の虫歯に行います。

適応:範囲の小さい場合に行います。

保険適用内の治療

♦CR(レジン)

コンポレットレジン

 

当院の「抜かない、なるだけ削らない治療:CR接着修復法」は、従来の治療法では歯を抜いたり大きく削る必要があった症例でも、少ない負担で短期間にきれいに治すことができる新しい治療法です

■保険で白い詰め物にできるむし歯治療

これまでの保険の歯科治療は、虫歯を削って型を取り、その型を技工所に出して銀歯を作ってもらい、次回来院時に銀歯をセメントでつけてやっと終わり…というもので、最低でも2回以上通院しなければなりませんでした。
ところがCRは、その日のうちに1回で治療が終わります。
保険の銀歯は口をあけたときに目立ちますが、CRは白い詰め物なので見た目も自然。
しかも、保険がききます。

ただしこのCR、きちんときれいに仕上げるには歯科医の技術が必要で、知識と技術の向上のために、勉強会に参加し研鑽しています。

<コンポジットレジンのメリット>
・上手にやれば天然の歯と見分けがつかない
・1回の通院で治療終了
・オールセラミクスや金合金と比べて安い

<コンポジットレジンのデメリット>
・時間が経つと変色し、見た目が悪くなる場合がある
・強度が強くないため、噛み合わせが強い方は欠ける場合がある

保険適用外の治療(自費)

ハイブリッド~ダイレクトボンディングハイブリッドレジン充填

ダイレクトコンポジットレジン

前歯に最適

セラミックスとプラスチックのハイブリット高分子化合で変色が少ない
深さに応じた色があり3~4層積み重ねるため、天然歯に近い色が出せます。
ホワイトニング色にも対応。
10,500円

 

♦Doc’s Best Cement(ドックスベストセメント) 治療

20110212182423

Doc’s best cement(ドックスベストセメント)治療とは虫歯になった所にドックスベストセメントという薬を詰めて治す治療です。

ほとんど、麻酔を使わず、削らないで治療が行えます。

お薬といいましても3mix法のような抗生物質とは違い、人間の血液中に含まれる抗菌力と様々なミネラルの力で虫歯菌を死滅させ元のような硬い歯質に戻ります。

(ただし、強い痛みが既に出ている歯には使用できません。)

また、このセメントはアメリカで開発され20年近くになり、その有用性、安全性、継続性が実証されています。

日本には数年前から普及してきました。

約2000症例で用いましたが、ほとんどのケースで神経を取らずに済んでいます。

(従来なら神経をとらなければならなかったケースばかりで使用。)

ドックベスト法により神経を取るケースが今までの5分の1になりました。

この事からも、院内スタッフはもとより家族等、身内に虫歯治療をする機会があれば100%ドックスベスト治療を選択することでしょう。

Doc’s Best Cementによる殺菌成分は?

成分=ミネラル=安全
12mine

成分に銅、亜鉛、リン、鉄、アルミ、酸化チタンなどが含まれ、銅が殺菌作用の主をなし、
他のミネラルは虫歯で感染した歯の再生に使われます。

銅は、昔から殺菌法のひとつとして幅広く用いられ、
微量でも殺菌力が強いことが知られています。
触媒によりイオン化した銅は細菌の細胞壁に吸着浸透し、
細菌の生命活動を阻害し死滅させる働きがあります。

FeイオンとCuイオンのコンビネーションによる殺菌作用

FeイオンとCuイオンの電位差がバイオフィルム(虫歯菌がつくる歯を溶かす膜)の生成を阻止します。

抗生剤などの薬剤ではなく、ミネラル成分による虫歯菌の殺菌作用により虫歯を治します。

♦初期むし歯の場合

削る量が少ないので、そのままCRにて詰め物をします。

ドックスベストセメントを使用する必要はありません。

♦少し進んだ虫歯

通常なら、むし歯の部分をすべて取るため大きく歯を削ります。

ドックスベストセメントを使用することで、虫歯菌の部分をほとんど削り取る必要性はないので、

大事な歯を、極力削らないで済ませることができます。

また、神経の上の自分の歯をほとんど削らないので、歯がしみにくいというメリットがあります。

♦神経まで達する深いむし歯の場合

⇒通常の治療では・・

歯の中にある神経をすべて取って、取った後の部分に神経の代わりになるゴムの詰め物をします。

⇒ドックスベストセメントでは・・

むし歯菌の感染部分を全部取ってしまうと神経が出てしまいますので、神経まで達しているむし歯の部分を除去しないで、お薬を詰めます。

お薬のミネラルは虫歯菌を殺菌する成分を半永久的に出し続けます。

様々なミネラルが虫歯菌の酸によって軟らかく溶けかかった歯質を硬くしてくれます。
つまり、ただ虫歯が治るだけではなく、再発を予防してくれる大変優れたお薬なのです。

歯の中にむし歯菌があった箇所が残りますが、むし歯菌はドックスベストセメントで死んでいるので、
しっかり密封すれば、そのまま大きくなっていくことはありません。

♦ドックスベストセメントのメリットデメリット

ドックスベストセメントのメリット

☆神経を取らなくてはならない大きなむし歯の神経を取らないで済ませることができる

(神経を取ると一般に歯の寿命が短くなる)

神経はかなり複雑な形をしており特に根尖部(根の先の部分)が複雑になっていると、どんなにしっかりと神経を
とってもまた痛みや歯ぐきの腫れが生じやすいと一般に言われています。

神経を取った後、再発して痛みや腫れが生じた時には、再治療できれば良いですが抜歯になってしまう可能性も高いのです。

(この方法での治療後、痛みが生じても再度神経を残して再治療できる場合もあります。)

神経に達していない中等度のむし歯の場合でも、虫歯菌を削り取らないので、大切な歯を削る量が非常に少なくて済む

特にお子様の若い永久歯のむし歯には最適な治療方法です。

人が一生、自分の歯で過ごすには歯を70年、80年と維持しなくてはなりません。

生えそろってから何年も経っていないお子様の永久歯。その頃から神経の処置まで必要なむし歯の治療をすると、どうなるでしょうか?

前述しましたように、神経を取ると歯の寿命は短くなりますので、その後、数十年も維持するのは困難と言わざるを得ません。

「一生できるだけ長く自分の歯で暮らす」そういう観点から、極力、神経をとらないで済むドックスベストメントは
お子様に最適な治療方法であると考えております。

治療回数が少ない。通常2~3回

一つ軽い治療になるので、一般に歯の寿命が延びる。

(万一、治療後痛みが生じた時には、その時に通常の神経を取る治療ができる。)

☆薬ではないので、お薬にアレルギーのある方にも安心して使用できる

☆ドックスベストセメントをいれた部分は、永続的な殺菌効果が期待できる。

ドックスベストセメントのデメリット

・虫歯菌に罹患している部位や量、状態等によって、この治療が出来ない場合があります。
例)ズキズキと痛みがある場合など…

・歯の中の虫歯菌は治療できますが、むし歯にならない歯にする訳ではありません。

・通常の適切な歯みがきを怠ると、治療部分は治っていても、違う箇所から新たなむし歯が発生します。

・治療後も半年に一回の定期的な歯科検診が、欠かすことが出来ません。

TBSテレビ「これが世界のスーパードクター」で最新の虫歯治療法として紹介され、
放送後問い合わせが多く、認知されるようになりました。

♦アマルガム

お口の中にアマルガムはありませんか?

アマルガムとは「歯科用水銀アマルガム」の略で、主に虫歯治療で歯に詰める歯科治療用材料です。

さすがに、今これを使用している歯科医院は少ないと思います。

70年代をピークに近年まで頻繁に使用されてきた材料です。

よって、今から10年くらい前に詰めた奥歯の金属はアマルガムである可能性があります。現在でも保険での使用が認められています。

アマルガムは、治療直後は銀色なのですが、時間が経つと、水銀溶出して黒っぽく変性します。

なぜ除去をお勧めするの?

歯科でアマルガムが使用され始めたことは、非常に安定した化合物で、体内に吸収される危険性は少ないとのふれこみでした。しかし、実際は3年以内でほとんどのアマルガムは劣化を示し、約10年後には60~84%が消失する結果を出している研究者もいるほどです。

水銀が容易に溶出している事実を考えると、早急に口腔内から除去するべきと判断することは、自然なことであると思います。お口の中の水銀化合物は、全身の健康にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

まず、口腔内の他の歯科材料による金属アレルギーと同じように、イオン化した水銀化合物が体内に入り、蛋白質と結合すると、それによって過剰反応が引き起こされることになります。

除去するメリットは?

有害なアマルガムを除去することによりアマルガムに含まれる水銀が体内に溶け出して蓄積されるのを未然に防ぎます。またアマルガムの代わりにレジンと呼ばれる硬質プラスチックを詰めるので保険内で白い歯になります。

アマルガム

アマルガムはアメリカなどでは水銀で問題となっている材質で、

当院ではおすすめしません。

詳しくは≫アマルガムの害、ノンメタル治療へ

image