佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

かぶせる治療

Pocket
LINEで送る

健康面・見た目・長持ち・費用のうちどれを重要視するかによって、合ったかぶせものが分かります。

重要視する項目

1. 健康面

金属アレルギー・咬み合わせ・細菌付着性・歯根破折

2. 見た目

自然の美しさ・変色・歯肉や隣の面との調和

3. 長持ち

虫歯になりにくさ・丈夫さ

4. 費用

保険適用内・自費
健康面 見た目 長持ち 費用

健康面 見た目 長持ち 費用
オールセラミックス

メタルボンド

硬質レジン前装冠
オールセラミックス

メタルボンド

硬質レジン前装冠
硬質レジン前装冠

メタルボンド

オールセラミックス

保険適用内の治療

硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠

保険適用範囲内です。
微妙な色調、艶、透明感が再現できません。
2~3年で黄色~茶色に変化することがあります。
材料がプラスティックなので、表面が擦り減ってツヤがなくなることがあります。
水分を含むので、プラークがつきやすいため、歯周病、口臭の原因になることがあります。

パラクラウン(銀歯)

パラクラウン(銀歯)

保険適用範囲内で経済的です。

保険でクラウン(差し歯)を作る場合には、前から4番目以降の歯はすべてこの金属冠になります。(4番目以降の歯に白い材料を使うと、保険外治療になります)

しかし、金属の見た目の問題と、時間が経つと金属中の成分が溶け出して、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性が高いという欠点があります。

保険適用外の治療(自費)

メタルボンドクラウン

金属で作ったかぶせものの表面に、セラミックスを焼き付けて、天然歯と同じような美しさを再現します。

メタルボンドクラウン

中身が金属なので割れにくい
中身の金属に貴金属を使用すれば金属の溶け出しによる歯や歯ぐき
変色、金属アレルギーになりにくくなる。

メタルボンド(MB)は、保険の治療よりも自然に近い品質を求める方にお勧めできます。
貴金属の上に陶材を焼き付けることによって強度を持たせながら、セラミックの持つ審美性を
あわせ持ったものです。
表面上(正面から見ると)は、白い差し歯といった感じで、見た目も非常にきれいです。
長く使っても変色や着色がなく、天然の歯に近い色の再現ができます。
歯周病、虫歯の再発が起こりにくいといった、優れた多くのメリットを持ち、様々な症例に対応
でき、多くの方が行われる治療法です。
また、メタルボンドは外見は良いですが、裏側から見ると金属が丸見えです。それが気になる人はメタルボンドは向きません。
手軽にきれいな白い歯をご希望の方にはお勧めの治療法ですが、金属アレルギーなどが心
配な方にはオールセラミックをお勧めしています。

 

治療を受ける際に歯科医師にご相談ください。

価格 メタルボンドクラウン … 10万円

オールセラミックスクラウン

ジルコニア

ジルコニア

自然の歯に近い透明感のある色と硬さ
ほとんど変色しない
2次的な虫歯になりにくい
金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーにならない

価格 ジルコニア 12万円

E-MAX

E-MAX

E-MAXとは、最先端のオールセラミック材料で高い強度と均一性を持った白くて美しいセラミックのことです。このセラミックは正確にフィットする詰め物あるいは義歯を作成することができます。今までのセラミックよりも5倍ほど硬いもので、今までではありえなかった強度を誇る均一性の高いものになり、安心して使用していただくことができます。

自然の歯に近い透明感のある色と硬さ
ほとんど変色しない
2次的な虫歯になりにくい
金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーにならない

虫歯になった際に用いる被せものの中でも最新の素材であるE-MAXを導入したのは、「なるべく金属を使いたくない」という想いを実現したかったというのが一番の理由です。

通常保険の被せものをお口に入れた場合に、見た目があまりよくないというデメリットがありますが、それ以上に健康面でよくない点があるのです。『金属アレルギー』という言葉をお聞きになったことがありますでしょうか?金属アレルギーとはお口に入れている銀歯などが原因となって、肌のかゆみやかぶれ、頭痛などを引き起こす症状のことを言います。なので患者様の健康を考えた際になるべく金属を使わない治療が必要になってくるのです。

『患者様にできるだけ健康な生活を送っていただく』『そしてなるべくお求め安い価格で沢山の患者様に質の高い歯科治療を提供する』ために導入したのがE-MAXなのです。

価格 E-MAX … 8万円

オールセラミッククラウンとメタルボンドの比較

強度からみた適応症

【メタルボンド】
コーピングをメタルの精密鋳造によって作成するため、一般的な鋳造金属修復と同じく適合性が高く、破折の危険性が低いため、幅広い症例に適応可である。

【オールセラミッククラウン】
メタルコーピングの強度には劣るが、高強度型セラミックス材料をコアフレームに使用したものは力学的に高い抵抗性を持っている。

両者に伴う問題点
フレーム上に築盛されたセラミックが破折することが多い。

審美性について

【メタルボンド】
メタルコーピングに起因する遮光性のため、透明感の不足、歯肉退縮などによる金属色がライン状に見えてしまう、長期使用時歯肉に金属による着色がみられるなど、審美性にやや劣る。

【オールセラミッククラウン】
変色の著しい支台歯やメタルコアの場合、生活歯やコンポジットレジン築造による支台歯に比べると色の再現性が難しいが、高強度型セラミックス材料のコアフレームがメタルコアのメタル色をマスキングし、審美性に大きな問題とはならない。