佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

抜歯即時インプラント埋入法

Pocket
LINEで送る

抜歯即時インプラント埋入法とは、抜歯をしたと同時にインプラントを埋める方法です。

(通常のインプラント埋入は抜歯した後、粘膜に骨が安定するのを何ヶ月か待ってからインプラントを埋めます。)

抜歯即時インプラント埋入法の利点

切開、はく離をしなくて済む事が多いので痛みが少ない。(抜歯程度)
切開、はく離をしなくて済む事が多いので腫れがでることが少ない。(抜歯程度)
抜歯とインプラント手術の2回の外科処置が1回の手術回数で済むため身体的、精神的負担が少ない。
抜歯と同時にインプラント埋入するので従来の1/2の治療期間で済む。
抜歯直後は、生体の治癒力が活発に働くため傷口の回復が良い。
ドリルで骨を削る量・時間が少ない。
歯肉(歯ぐき)などの軟組織の形態が維持しやすい。
早期に審美性が回復する。
骨移植、骨造成、軟(結合)組織移植などの追加手術をする頻度が少ない。

抜歯即時インプラント埋入法の欠点

手術のテクニックが通常のインプラント埋入と違い多くの注意点がある
どんなケースでも出来るわけではない。インプラントを埋入できる十分な骨の量がある、歯周病にかかっていない、などの条件を満たしている方にお勧めしております。インプラント治療のカギとなるのは、【アゴの骨】と【歯茎】です。この2つがしっかりしていれば、【抜歯即時インプラント】をお受けいただけます。

歯周病は自覚症状がない、というのが特徴ですので、しっかりとした検査を受けてからひとりひとりの患者さまに合った治療法を当院ではお勧めしております。

当院では、抜歯即時埋入を成功させるため、適応を拡大させるために様々なテクニックや注意点に配慮しています。

テクニック・・通常の埋入との違い

インプラントの種類の選択--骨を呼び込た力の強いHA(ハイドロキシアバタイト)インプラントを使用
埋入方向(角度)、埋入位置
埋入深度
少ない骨でもインプラントの固定を維持させるために手術器具の選
インプラントの直径の選択
歯肉を圧迫させないインプラントの立ちあがり形態
感染防止を考えた縫合
切開はく離する場合の基準
軟組織(歯肉)の治癒力を考慮した消毒薬の選択
感染源である不良肉芽の除去の仕方
歯肉像形態を保存した状態での抜歯方法
骨の再生を阻害しない人工骨の選択など