佐賀市 池田歯科医院・こども歯科

インプラント治療とは

Pocket
LINEで送る

インプラント治療とは、失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
入れ歯と違い固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。image

需要は高まっています

インプラントは、1950年代に純チタンが骨の組織と結合することが発見され、その後のインプラント治療につながっていく事になります。

骨にチタン製の人工歯根を入れることで、骨に固着して、今までの自分の歯根と同じくらい歯を支えます。

今ではポピュラーになりつつあるモノですが、入れ歯やブリッジなどと比べても、見た目もキレイで、機能的であることから、ますます需要は高まっています。

手術と聞くと、ちょっと怖いような気もしますが、技術が伴う歯科医院では、積極的に勧められているものです。

歯は抜けたままにしていると、見た目にも気になりますし、時には健康を害することもあります。インプラント治療を勧められたのなら、本気で考えてみてください。

インプラント治療、勧められたら??

歯は二度と生えてこないものですが、日頃のケアを怠ると、すぐに簡単な虫歯になってしまいます。

歯根がなくなるほどのひどい状態になるまでは相当長い時間がかかりますが、それでも虫歯になってしまうことで、すぐに治療をしない事で、案外早い時期に重症になることがあります。

いよいよになって歯科医に駆け込んだ時には、こんなにひどくなっていたということがあります。

若い頃は良いですが、加齢とともに、歯や歯茎が弱まってきて、虫歯ばかりではなく歯周病等で、口腔内環境はますます悪くなってしまいます。

その中で生まれたインプラント治療ですが、入れ歯などとは違う良い点も多く、最近では、勧める歯科医も増加しています。

歯を一本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。

従来は、健全な両隣りの歯を削ったり、神経を抜いたりしてブリッジを用いて治療していましたが、 インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。

歯を何本か失った場合

右下4本のインプラントで修復した症例

右下3本欠損をインプラントで修復した症例

左下1本欠損の歯を入れるのにブリッジで前後の健康な歯を削りたくないという方の症例

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療 を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯を全て失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。

この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。